親子で磯釣り堪能 フカセで良型チヌにショアジギでサゴシ入れ食いも

親子で磯釣り堪能 フカセで良型チヌにショアジギでサゴシ入れ食いも

11月6日、次男依央と2人で釣行することにした。依央も高校生になり、部活などが忙しくなかなか釣りに行けない状況下ではある。釣りのジャンルは問わないが、できたら好釣果が望めるところがよいとのことで、長崎県松浦市福島の秀吉丸にお世話になった。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・成田義史)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

松浦市・福島の磯でフカセ釣り

当日は、午前6時出船なので、前日にエサや仕掛けを購入して港へ向かった。前情報だと瀬上がりする場所にもよるがチヌはもちろん、クロやアジも上がっており、青物やサゴシの回遊もあるとのことなのでフカセ釣りメインではあるが、一応ショアジギングのセットも持参した。

親子で磯釣り堪能 フカセで良型チヌにショアジギでサゴシ入れ食いも釣り場概況図(作図:週刊つりニュース西部版APC・成田義史)

2便の別船に乗り、塩浜港から出船。すぐ近くにある「タヌキ」に上礁した。私がフカセ釣りのまきエサを作りポイントに数杯投入、つけエサはオキアミ生を用意。依央はその間、ショアジギングタックルをセットしてキャストしていたが、反応はなかったらしくすぐにフカセ釣りの仕掛けを作る。

エサ取りに苦戦

まずは2人とも全遊動から開始するが、2人とも反応がないまま仕掛けを回収するとつけエサがない。同じ状況がしばらく続き嫌な予感がした。おそらくエサ取りの活性が高く、仕掛けが着水と同時に食われている感じだ。案の定、フグやバンチャゴ(バリの子)、小っ葉グロのお出ましだ。まさかの展開に苦戦必死。普段はチヌ用のコーンを用意するのだが、この日に限って持参していなかった。痛恨のミス。

変化がないまま時間だけがすぎていく中、ナブラが発生。おそらくサゴシの回遊だと思い2人ともメタルジグをキャストし、私にバイトがあったものの、すぐにフックアウト。絶好のチャンスを逃し2人とも呆然。

クロダイ&チヌキャッチ

静かな海戻り、再度フカセ釣り開始。すると依央がサオを曲げている。期待して見ていると、釣れたのは25cmのクロ。塩焼きサイズなのでキープすると、次はサイズアップの30cmをゲット。

親子で磯釣り堪能 フカセで良型チヌにショアジギでサゴシ入れ食いもクロをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・成田義史)

ようやく活気づいてきたが釣れるのは依央ばかり。私も同型のクロを釣るが、依央の勢いが止まらない。次々とサオを曲げ、35cmのメイタや43cmのチヌを取り込んでいき、うれしい悲鳴が続く。

サゴシボイル発生でお祭り騒ぎ

納竿10分前、サゴシのボイルが発生。辺り一面がお祭り状態となり、着水と同時のヒットが止まらない。食べる分だけをキープし、後ろ髪を引かれる思いで納竿とした。

親子で磯釣り堪能 フカセで良型チヌにショアジギでサゴシ入れ食いもタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・成田義史)

<週刊つりニュース西部版APC・成田義史/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
長崎県松浦市福島の磯
渡礁:秀吉丸
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年12月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。