沼津の手漕ぎボート釣りで24cm頭にカワハギ好捕 コマセ使いゲット

沼津の手漕ぎボート釣りで24cm頭にカワハギ好捕 コマセ使いゲット

妻と沼津市西浦へ釣行。手漕ぎボートで2人とも本命のカワハギをゲット。妻は初めて釣ったカワハギが良型で大喜び。その他多彩なゲストが登場でとても楽しい釣行となったのでリポートしよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

Avatar photo
藤倉聡

主に東京湾、駿河湾(沼津近郊)で釣りをしています。釣りインストラクター東京(JOFI)と千葉(COFI)に所属。インド料理作りにも夢中です。

×閉じる

船釣り ボート釣り

沼津で手漕ぎボート釣行

当初乗合船でオニカサゴを釣りに行く予定だったが、出船に必要な最低人数が危ぶまれたため、残念ながら数日前に中止を決断。我入道にあるボート店に電話するとそちらは予約で一杯。そこで以前から気になっていた沼津市西浦にある「丸高水産」に電話すると「手漕ぎボートなら空いてます」とのことだったので早速予約を入れて釣りに行くことにした。

当日の状況

釣行したのは11月19日(土)若潮。天気は晴れ。今年は雨や風に泣かされることが多かった筆者だが、当日は小春日和で海もベタナギ。「竿を出しているだけで楽しい」そんな絶好の釣り日和となった。

当日の作戦

丸高水産のインスタグラムを見ると、釣れたカワハギが沢山アップされていたので、前半はカワハギ、後半はボートを流して根魚を狙うことにした。さらにインスタには多彩な魚がアップされていたので、カワハギ釣りにはコマセも用意して五目釣り感覚で楽しみたいと考えた。

タックル

筆者のタックル(左)と、妻のタックル(右)。

沼津の手漕ぎボート釣りで24cm頭にカワハギ好捕 コマセ使いゲット当日のタックル(作図:TSURINEWSライター藤倉聡)

さしエサ

アサリのむき身
オキアミ(Mサイズ)
青イソメの3種類を使用

沼津の手漕ぎボート釣りで24cm頭にカワハギ好捕 コマセ使いゲットアサリのむき身(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

コマセ

コマセは「にぎってポン カワハギ専用」2袋に対してアミエビを1kgを混ぜて使用。

沼津の手漕ぎボート釣りで24cm頭にカワハギ好捕 コマセ使いゲットコマセ(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

生け簀周辺で実釣スタート

妻の沼津の実家を5時に出発。現地に向かう途中、釣具店の「タイシ」に寄り前日予約しておいた全解凍のアミエビ゙や青イソメなどを購入。ボート店に着き、道具を下ろしてスタッフが来るのを待つことにした。

スタッフが現れたので当店を訪れるのが初めてのことを伝えて、係留していい生け簀やカワハギのポイントなどを尋ねると、親切なアドバイスを頂けた。

沼津の手漕ぎボート釣りで24cm頭にカワハギ好捕 コマセ使いゲット釣り場から富士山を望む(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

ボートに荷物を積み込んで、いざ出船。意外にもボートは生け簀が付いていてテンションが上がる。まずは港から3列目の生け簀の外側に向かってみることにした。

生け簀に係留

既に先端付近には先客がいたので、その手前に係留して釣りをスタート。

沼津の手漕ぎボート釣りで24cm頭にカワハギ好捕 コマセ使いゲット生け簀に係留して釣りスタート(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

水深は約25m。水が凄く綺麗で表層には小魚が沢山泳いでいるのを見て、久し振りに釣れる予感がしてきた。

次のページでいよいよ釣りスタート!