磯からルアーでキハダマグロ釣れた ショアキャスティングでキャッチ

磯からルアーでキハダマグロ釣れた ショアキャスティングでキャッチ

10月12日、午前5時に熊本・天草の牛深に到着。今回は前々日から西~北西の風が吹き荒れていたため石鯛丸を利用して大島にヒラスズキ狙い。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

まさかの7.4kgキハダマグロ登場

オキサワラのファイトが面白かったのでオキサワラと遊ぶことにしたが、スイッチヒッターでは破損の恐れがあるため今度はヘビーショット(チャート)に替えて探りを入れる。「これは速巻きすると水面割るからちょっとゆっくりめだな」。

2投目、リーリングスピードを調整して若干ゆっくり目にリトリーブしていると横からロケットみたいなバイト。「面白い、オキサワラ」ジッジィイー「え?めっちゃ引くやん?カツオみたいな引き、本ガツオか」引きは最初だけで、素直に寄って来た。「結構デカいカツオだな」足元まで寄って来た魚影を見て目を疑った。

「え?あの背ビレの黄色……キハダマグロだ」一気に緊張が走り、先ほどまでオキサワラや本カツオと思ってファイトして切れなかったのが奇跡と思いながら超真剣モードに。「確か足元グルグル回ってまた走り出すんだよな。ほら回って~」。ジッジィイー……何回同じことを繰り返しただろうか、完全に海面に力なく横になった瞬間、完璧なタモ入れ成功。

磯からルアーでキハダマグロ釣れた ショアキャスティングでキャッチフックを伸ばされた(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

タモで持ち上げるのもひと苦労しやっと陸に。「あ~ヘビーショットありがとう。ハリ伸ばされたね、リアフックもすぐ外れたな」安全地帯までフィッシュグリップがないので握力全開で口持ちし持っていって長さを計測。

70cmオーバー、重量は7.4kg(釣具店にて計測)。「いや、これこそヒラスズキ、シーバスタックルでとれる魚じゃないぞ、今日は満足。これ以上の魚釣れる気せん」。船の迎えまで1時間近くあったが、片付けしながら余韻にひたり、午後3時に陸に上がった。

<週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
石鯛丸
出船場所:牛深漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年11月04日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。