佐賀・伊万里湾でのバチコンアジング釣行でアオアジ避けてマアジ好捕

佐賀・伊万里湾でのバチコンアジング釣行でアオアジ避けてマアジ好捕

10月6日、若潮。佐賀県唐津市肥前町大浦浜漁港から出船の、きずなまりんを利用して同僚の坂井さん、豊永さんと伊万里湾バチコン(バーチカルコンタクト)アジングに行って来た。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

バチコンアジング釣行

午後5時30分出船。Tシャツ姿で来ていた私に安井船長が「吉川さん上着持ってきてますよね?」と笑いながら聞いてきた。「もちろん、レインウェア持ってきてますよ」と笑いながら答えた。(実は最後までTシャツ姿でいた……恐らく下半身が、ジャージとレインウェアを着ていたから寒くなかったのではと思っているのだろう)。

佐賀・伊万里湾でのバチコンアジング釣行でアオアジ避けてマアジ好捕タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

ポイントまでは30分ほど。水深約20m。この日、私の中で課題があった。それは、縦の釣りと横の釣りを使い分けることだ。縦の釣りとは、その通りバーチカル(真下)での釣り。船がライトを点灯し、ベイトが集まってくるまでは前者で。ベイトが集まって、それを食べるマアジが浮いてきたら横の釣り。後者の横の釣りとは、キャロライナリグスタイルの仕掛けを少しキャストし引いてきて浮いているマアジを狙う。

20cm超えアジをキャッチ

まずは、縦の釣りでボトム付近を探る。6時50分。ボトム付近でココンと明確なアタリ。アジっぽい引き味だった。良型マアジをキャッチ。20cmを超えると、引きも強くなり面白い。7時、バチコン初挑戦の豊永さん、無事に良型マアジをキャッチ。ぽつりぽつりとだが、マアジは釣れだした。

佐賀・伊万里湾でのバチコンアジング釣行でアオアジ避けてマアジ好捕本命ゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

7時30分、「なんで、自分には外道しか釣れんと?」と坂井さん。仕掛けをキャロタイプからダウンショットタイプにチェンジしたら、すぐに良型マアジをキャッチ。仕掛けの違いでワームの漂い方が違いマアジが食ってこない。いい勉強になった。

25cm頭に好ヒット

8時ごろ、表層付近にアオアジっぽい魚体が見え始めた。トモ(船尾)の同船者が表層付近でヒット。上がってきたのは、残念ながらアオアジだった。この日はアオアジが多かった。

下げ潮に入り、潮が動きだしたであろう8時40分ごろ、少しは浮いてきているだろうとタックルを持ち替えた。アンダーハンドで少しキャストし、とりあえず着底させスローにリールを巻き、誘う。中層付近でアタった。20cmくらいだったが、マアジをキャッチできた。

佐賀・伊万里湾でのバチコンアジング釣行でアオアジ避けてマアジ好捕良型アジを披露(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

仕掛けの引き方も、キャストし、おそらく中層付近だろうという位置でベールを返してカーブフォールで引いてみたりといろいろ試してみた。無事に良型マアジもヒットすることででき、これで、自分の課題はクリアでき良かった。

午前0時、納竿時間を迎えた。サイズは、20cmから25cm。表層付近にアオアジが多く、アオアジをかわしてマアジを釣る少しテクニカルな夜だった。「面白いですよ、バチコンアジング」。

<週刊つりニュース西部版APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
きずなまりん
出船場所:大浦浜漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年11月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。