沖磯フカセ釣りで脂のり抜群46cmオナガグレ 根魚狙いではアカハタ連発

沖磯フカセ釣りで脂のり抜群46cmオナガグレ 根魚狙いではアカハタ連発

10月1日、大分県南の深島に釣りに出掛けました。渡船は毎度のふかしま丸さんにお世話になりました。この時期は、流行りのロックフィッシュが熱いですね!船長さんのおススメで、独立瀬の小さな磯「コバエ」に上がりました。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

藤本みどり

フカセ釣りに魅了され、1年中元気に釣りに出掛けています☆自然の中で四季を感じながら、日々コツコツ楽しく学んでいます。【釣研スペシャルスタッフ/釣まんフィールドテスター】

×閉じる

海釣り 磯釣り

アカハタ釣りから

朝マヅメはアカハタを狙うべく、仕掛けを作ります。やや速めの左流れなので、21gのシンカーを装着です。遠投をして、誘いをかけながらラインを巻き取っていきます。すると手前まで引き寄せたところで……、早速ガツンと力強いアタリが到来。

沖磯フカセ釣りで脂のり抜群46cmオナガグレ 根魚狙いではアカハタ連発お世話になったふかしま丸(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

足元にはアカハタが逃げ込むような岩がたくさんあるので、一気に巻き取ります。油断するとすぐに根に潜られてしまいますからね。そして、ふわりと浮いてきたのは、心待ちにしていたアカハタでした。相かわらずの色鮮やかなレッドカラー、心が躍りますね!!

沖磯フカセ釣りで脂のり抜群46cmオナガグレ 根魚狙いではアカハタ連発開始早々にアカハタを手中(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

根掛かりかわしてアカハタ連発

同行の藤本さんも良型のアカハタをすぐに釣り上げました。やはり、朝一番はアカハタの活性が高いのか?ただ、ここは根がとても荒い場所なので、根掛かりとの闘いでもあります。しかも、アタリが多いのも岩礁場の足元よりなのです。

沖磯フカセ釣りで脂のり抜群46cmオナガグレ 根魚狙いではアカハタ連発私の仕掛け(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

私が愛用しているシンカーは形状が丸みを帯びていて、根掛かり回避率がとても高いです。少しでも手返しをよくしたいので、気に入って使っています。今日はアカハタに好かれているようで、連続のアカハタヒット!夢のようでした。体高も申し分なく、ぼってりとした美味しそうなアカハタを手に満面の笑みになりました。

沖磯フカセ釣りで脂のり抜群46cmオナガグレ 根魚狙いではアカハタ連発アカハタが連発(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

フカセ釣りで46cmオナガグレ

そして、お昼前に瀬がわりで、「ナカノハエのチョン」に上がりました。オナガ狙いに燃えている藤本さん、竿をチェンジして早速フカセタックルを組みます。すると、数投目で藤本さんのラインが弾け飛び、竿が綺麗な弧を描いています。良型の魚であることが見てわかります。

引きの強い魚を誘導しながら、あともう少しで浮きが見えるという状態。魚は最後の抵抗を見せるべく、一気に足元に走り出します。ラインが瀬に当たるのでは?とハラハラドキドキの瞬間です。藤本さんは、耐えに耐えて……ついにタモ入れしたのは46cmの立派なオナガグレです。お見事です!!オナガの引きに魅了される釣り人藤本さんは、毎年かなりの確率でオナガをGETしています♪

沖磯フカセ釣りで脂のり抜群46cmオナガグレ 根魚狙いではアカハタ連発藤本さんとオナガグレ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

次のページで嬉しいゲストにイサキやカツオが登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。