活きエビ使ったエビラバ&テンヤ釣りでマダイにアコウなど魚種多彩

活きエビ使ったエビラバ&テンヤ釣りでマダイにアコウなど魚種多彩

10月9日、長崎県佐世保のヤマト遊船に、秋の活きエビを使っての、エビラバ・テンヤ釣行に行ってきました。この日は波風強く、かなり釣りづらい状況が続きましたが、終始アタリがあって本命のマダイにアコウ、アオナ、オオモンハタなどなどいっぱい釣ることができた釣りの模様をリポートします。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版・赤堀泉)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

底から中層まで誘いマダイゲット

そのころ、海面にアオリイカを発見したT君はすかさずエギを投入。するとすぐに反応し、エギを抱いてきました。サイトで釣れたアオリイカにみんな興奮。

私は、エサ取りに取られないように、着底前に巻き上げ開始。中層付近まで巻き上げるようにしていたら、タイのアタリがあり、ようやくマダイを3尾とメイチダイを2尾追加しました。

活きエビ使ったエビラバ&テンヤ釣りでマダイにアコウなど魚種多彩T君とアオリイカ(提供:週刊つりニュース西部版・赤堀泉)

最終釣果

その後は予報に反して雨風が収まらず、風裏を探してポイントを変更しつつ昼すぎに納竿となりました。

この日は波風強く、かなり釣りづらい状況が続きましたが、魚種としては、マダイ、アコウ、アオナ、オオモンハタ、アラカブ、メイチダイ、アオリイカ、青物・サメ、エサ取りなど、いっぱい釣ることができ、終始アタリがあってとても楽しい釣行となりました。

アタリの数は比にならないくらい多くなる、活きエビを使った釣り。シーズンが限られているため、シーズン中に再度チャレンジしたいと思います。

活きエビ使ったエビラバ&テンヤ釣りでマダイにアコウなど魚種多彩小松さんとマダイ(提供:週刊つりニュース西部版・赤堀泉)

<週刊つりニュース西部版・赤堀泉/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ヤマト遊船
出船場所:佐世保市宮津港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年11月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。