埼玉・荒川で91cmハクレン獲った リール使わない「のべ竿」で強引堪能

埼玉・荒川で91cmハクレン獲った リール使わない「のべ竿」で強引堪能

10月12日(水)、埼玉県戸田市付近の荒川へと釣行した。午前中の釣りと決めての釣行だが、結果的に3尾のハクレンが遊んでくれ満足できた結果となったのでレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り コイ釣り

荒川【温排水エリア】

釣行したのは、埼玉県戸田市の彩湖南部に位置する荒川温排水エリアだ。同地は彩湖の南部に位置しており、上流にある荒川水循環センターで浄化された水が荒川に流れ込んでいるポイント。常時釣り人に人気のある釣り場である。

水温が高く通年ハクレンも他魚種も狙えるので色んな楽しみ方が可能だが、私は基本的にハクレン狙いで釣行している。同地は海とつながっているので水位に変動があり、潮の影響もある。釣行の際は潮位表を確認しよう。

埼玉・荒川で91cmハクレン獲った リール使わない「のべ竿」で強引堪能釣り場風景(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

荒川のハクレンについて

ハクレンは、ソウギョ、アオウオ、コクレンとともに中国四大家魚に数えられ、日本ではかつて食用として大陸から持ち込まれた魚だ。現在日本ではごく一部の河川で自然繁殖しているそう。そしてハクレンなどにマッチした環境が利根川・霞ヶ浦水系のようで、こちらのエリアでは多く生息が確認されている。そのため利根川水系につながる荒川水系の一部の場所では、ハクレンが釣れる。

荒川での平均サイズは80~90cmクラスが多いが、まれにメータークラスのハクレンも釣れることもある。とにかく引きのトルク感が凄まじく、釣るたびに毎回衝撃的な釣り味が楽しめるので、私は定期的にチャレンジしにきている。

タックル

3.6mグラス製のべ竿に、ミチイト5号を竿いっぱいに結んで大型セルウキを使いゴム管固定、先はサルカンへ結び、ハリは鯉バリ15号(ハリス4号)1本バリ仕様で挑む。

エサはマッシュポテトを水と2対1で配合して使用。エサは硬め、大きさは小豆大というところだ。

埼玉・荒川で91cmハクレン獲った リール使わない「のべ竿」で強引堪能エサとタックル(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

毎回期待を裏切らないハクレンに期待

ハクレンは今回で6回目の釣行となるが、2年前にはツ抜けにメーターオーバーが釣れたこともあり、来るたび楽しませてもらっている。前回から時間が空きすぎているので久しぶりではあるが、とにかく大物淡水魚の顔を拝みたいという気持ちで挑んだ。

次のページでいよいよ釣りスタート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。