シーズン終盤の北海道渓流ルアー釣りで32cm秋ヤマメ 1投目が超重要?

シーズン終盤の北海道渓流ルアー釣りで32cm秋ヤマメ 1投目が超重要?

シーズン終盤を迎えた北海道のヤマメ釣り。筆者個人としてはシーズンの締めくくりとなった釣行で見事32cmヤマメをキャッチ。9月~10月にかけての複数釣行をまとめてレポートします。

北海道のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター小峠龍英)

小峠龍英

少年時代より雑魚釣りからバスフィッシングなど様々な釣りに親しみ、北海道移住をきっかけにトラウトフィッシングに傾倒。4月から川が凍るまで時間を作っては足繁くフィールドに通っています。

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

秋色のヤマメを探して

9月末で禁漁となる本州と違い北海道では9月以降もヤマメを狙うことはできますが、個人的にはヤマメを狙うのは10月初旬までと決めています。なので9月はラストスパートということで、今までに実績のあった川のめぼしいポイントを見つけて探っていきます。

・その川にはサクラマスが遡上する
・上流に大型が身を隠せるフトコロがある
・良型の実績or目撃したことがある
・釣り人が比較的少ない

筆者は上記の条件のいくつかが該当する川は既に心当たりがあったので、そこからさらにアクセスしやすい川を選び、この9月にスキマ時間と週末を利用して通ってみました。

近隣の里川支流上流域へ

その里川は比較的自宅からも近くイワナの実績があり、ヤマメは最大8寸クラスまでしか釣ったことのない沢ですが、良型をバラしたことがあり、また上流域にある好ポイントの近くまで車で入れるので入渓に時間がかかることもありません。あらかじめ心あたりのあるポイントは調査済みだったので、ピンポイントで効率よく探っていきます。

シーズン終盤の北海道渓流ルアー釣りで32cm秋ヤマメ 1投目が超重要?入川した小渓流(提供:TSURINEWSライター小峠龍英)

早々に28cmヤマメ

9月某日、その日は夕方に入渓して日没までの短い時間帯を狙います。入渓地点すぐ目の前にある淵と上流にある堰堤上の深みの2箇所に絞って探っていきます。

最初の淵をよく観察してみるとここでも新子がかなり溜まっており盛んにライズを繰り返しています。また落ち込み直下から流芯に沿って底が掘れているので良型が付いている可能性がありました。

4.5gのシンキングミノーを落ち込み脇の弛みに打ち込み、底まで沈めます。着底確認後すぐイトふけを巻き取り細かいトゥイッチで誘いをかけると、答えはすぐに出て食いついてきました。弧を描いたロッドに乗った重みから良型ヤマメであると確信し、落ち着いてランディングします。

ネットの中で息を荒げているヤマメはサビが入り始めたばかりで、パーマークの上に夕日に似た紅色を落としたような色彩を纏った良型。サイズは28cmと尺には少し足りないものの十分すぎる結果です。

シーズン終盤の北海道渓流ルアー釣りで32cm秋ヤマメ 1投目が超重要?28cmのヤマメ(提供:TSURINEWSライター小峠龍英)

その後、次のポイントでまた見事な婚姻色をまとった泣き尺イワナをキャッチしてその日は終了としました。

シーズン終盤の北海道渓流ルアー釣りで32cm秋ヤマメ 1投目が超重要?パーマークの鮮やかな泣き尺イワナ(提供:TSURINEWSライター小峠龍英)

良型狙いは1投目が重要

それから日をおいて2回ほど同じポイントを探りましたが、全くの空振りだったりと苦戦が続きます。そして9月後半、再びトライすべく日没2時間前に入渓します。この日はいつものポイントの上流も狙う計画です。

いつもの淵を観察しますがその日は新子の姿が見えません。とりあえず良型を掛けた時と同じアプローチをかけると流芯の白泡に混じって大きな影がギラリと反応を見せ、そのままチェイスを開始。細かくトゥイッチングして誘いをかけていきますがそのヤマメは一旦Uターンしてしまい、その直後に今度は別の個体が突進してバイト。8寸に少し足りないサイズでしたが、これも美しい個体。

最初に現れた個体は尺はありそうだったので再チャレンジするも、白泡の下

シーズン終盤の北海道渓流ルアー釣りで32cm秋ヤマメ 1投目が超重要?美しいヤマメ(提供:TSURINEWSライター小峠龍英)

でギラギラと翻るばかりで途中から沈黙してしまいます。思えば今までキャッチした良型のほとんどは最初の1投で決めていたので、やはりそこでバイトに持ち込めなければ厳しいようです。

その後、上流ポイントでも良型の反応がありましたが、キャストミスでボサに引っ掛けてしまい回収のためポイントを潰すというなんとも締まらない結果で終わりました。

次のページでシーズンラスト釣行で尺ヤマメ出た!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。