日光・まなかの森キャンプ&スパリゾートでヤマメ釣り 秋の行楽に最適

日光・まなかの森キャンプ&スパリゾートでヤマメ釣り 秋の行楽に最適

10月1日(土)に母と姉の家族と一緒に「日光・まなかの森キャンプ&スパリゾート」を訪れて、釣りを楽しんできた。妻はヤマメの美しさに魅了され、甥っ子も施設を満喫。釣った魚は唐揚げにしてもらい皆で美味しく頂いて大満足の釣行となった。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

藤倉聡

主に東京湾、駿河湾(沼津近郊)で釣りをしています。釣りインストラクター東京(JOFI)と千葉(COFI)に所属。インド料理作りにも夢中です。

×閉じる

淡水の釣り 渓流釣り

釣行経緯

先日、1泊2日で母と姉家族、妻と筆者の計6人で栃木県の日光市に旅行へ行く計画を立てた。その中に小学生の甥っ子も含まれているので、自然を満喫できる釣りも行うことにした。

「日光・まなかの森キャンプ&スパリゾート」

日光・まなかの森キャンプ&スパリゾート」とは栃木県日光市にあるリゾート型オートキャンプ場で、バ-ベキューエリアや日帰り温泉、ハイキングコース、釣り掘り等があり一日たっぷり遊ぶ事が出来きてリピーターも多い人気のスポットだ。

釣り堀の概要

釣り掘りは、イワナとヤマメを狙う池とマスの池の2つある。この2つの池は行き来が自由なので、マイペースで釣りをすることができて嬉しい。

日光・まなかの森キャンプ&スパリゾートでヤマメ釣り 秋の行楽に最適2つの池がある(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

竿(仕掛け付き)とエサは券売機でレンタルチケットを購入する(持ち込みは不可)。釣った魚のリリースは禁止されており、全て買い取り制なのでお財布の中身と相談をして釣りをされたい(入場料は無料)。

日光・まなかの森キャンプ&スパリゾートでヤマメ釣り 秋の行楽に最適チケットの発券機(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

さらに魚は2匹から塩焼きや唐揚げにして貰えるし(追加料金あり)、バーベキューエリアへの持ち込みも可能なので大人数で賑やかに楽しむのにも最適だ。

釣り方など

釣り方は、のべ竿に玉ウキを付けた仕掛けで、エサは練りエサを使用。

前日施設に問い合わせると「今は季節的にイワナとヤマメは痩せていますが、マスの方が太っていてお勧めです。どちらもお子さんでも簡単に釣れますよ」との事だった。

当日の状況

今年は釣りを計画すると雨になることが多くて心配だったが、当日の天気は晴れ。暑くも寒くもなく、ファミリーフィッシングには最適な陽気となった。義兄の運転で1台の車に6人乗りこんで出発。車内はワイワイガヤガヤと賑やかで楽しい。

しかし現地に向かう途中、行楽シーズンという事もあり渋滞が酷かった。さらにナビが古かったせいか住所を入力するも近くまでしか案内されず、長閑な風景の中道に迷ってしまった。予定より大幅に遅れての現地到着となり、筆者ははやる気持ちを抑えて受付に向かった。

サクラマスを狙う

受付で妻と甥っ子そして筆者の竿を借りる。現地のスタッフも「お勧めはマスです。マスはサクラマスです」と教えてくれた。筆者はマスとはニジマスのことだと思いきっていたので、今まで釣ったことのないサクラマスだと聞いて一気にテンションが上昇。まずはスタッフ一押しのサクラマスの池からスタートすることにしてみた。

日光・まなかの森キャンプ&スパリゾートでヤマメ釣り 秋の行楽に最適レンタルタックル(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

竿をレンタルした時に「ウキ下は合わせてあるのでの調整は不要です」との説明も受けていたので、エサを付けてすぐに釣りを始められるので助かった。甥っ子も大分釣りに慣れてきたようでレクチャーの必要もなく3人で一斉に釣りを開始。

日光・まなかの森キャンプ&スパリゾートでヤマメ釣り 秋の行楽に最適釣りスタート(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

次のページで「意外に苦戦?」釣りの模様をリポート!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。