千葉・乙浜港でのフカセ釣りで39cmクロダイ 断続的な降雨に耐えて手中

千葉・乙浜港でのフカセ釣りで39cmクロダイ 断続的な降雨に耐えて手中

9月23日(金・祝)、所属クラブの大会が昼で終了。まだ時間があるので、のんびりとカイズ狙いで千葉・南房の乙浜港へ釣行した。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

乙浜港でフカセクロダイ釣り

午後からは台風15号の影響で雨が降り、北東風がやや強く吹く予報。14時ごろ到着すると、駐車スペースには車が複数台停まっているものの、釣り人は少ない。

この日は大潮で、館山地区は16時8分に満潮になる予定。港内の様子を見ると、連日の雨の影響で濁りがあり、クロダイ狙いにはよさそうな条件だ。

千葉・乙浜港でのフカセ釣りで39cmクロダイ 断続的な降雨に耐えて手中タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

用意したコマセは、オキアミ3kgにマルキユーの配合チヌパワームギスペシャル1袋とオカラだんご1袋を混ぜ合わせて作成。仕掛けは、黒鳳STを使用した立ちウキ仕掛けを準備。付けエサには生オキアミと練りエサを用意した。

ゲスト交えてのんびりと

慎重に水深を測って、海底スレスレの5m付近のタナで始める。エサ取りは少なく、生オキアミでも十分通用する。クロダイが寄ってくることを信じて、のんびりとアタリを待つ。

少し風が強いので、立ちウキのトップを抑え気味にして海面に漂っているのを見ていると、ウキがスポンと入った。アワせると、軽い手応えで上がってきたのはチャリコ(マダイの幼魚)。ハリを飲んでいないので、優しくリリース。

千葉・乙浜港でのフカセ釣りで39cmクロダイ 断続的な降雨に耐えて手中イシガキフグ(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

クロダイを寄せるため、コマセを立ちウキの周辺にどんどん撒いてアタリを待つ。コマセが沈んでいくのを眺めながら立ちウキを見ていると、スッと消し込んだ。大きくアワせると、グングンと重量感はあるものの、引きが強くないので不審に思っていると、上がってきたのは大きなイシガキフグ。

次のページで待望の本命クロダイが登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。