大分・臼杵港でのメッキゲームで20cm級本命2ケタ メタルジグにヒット

大分・臼杵港でのメッキゲームで20cm級本命2ケタ メタルジグにヒット

9月10日、大潮。大分県臼杵市・臼杵港へメッキ釣りに行った。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

臼杵港でメッキゲーム

現地へ午前5時35分に到着し、5時50分から釣りを開始。干潮が1時40分ごろ、満潮が7時10分ごろであり、2時間程度釣る予定にしている。

フェリー乗り場近くにある堤防の先端が比較的釣れるポイントだが、すでに複数の釣り人がいたため、堤防の末端側で釣ることにした。

大分・臼杵港でのメッキゲームで20cm級本命2ケタ メタルジグにヒットポイント図(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

ルアーはメタルジグを使用。数投するがアタリはなく、臼杵川河口およびフェリー側の両方を攻め、バイブレーションやプラグに変更しても状況は変わらなかった。

ボイル発見でメッキ連発

6時10分をすぎたころからフェリー側の30~50m地点に小さなボイルが出始めた。かなり距離があったため、メタルジグに変更。ボイルしている付近に投げると念願のヒット。ドラグを緩くしているとはいえ、ジジジーっと勢いよくラインが出ていくのは気持ちいい!

トルクのある引きを楽しみながらリールを巻き上げていく。20cm級のメッキだった。ボイルは長続きしなかったのでガッカリしたが、数分もすると再びボイルが発生するうれしい展開になった。

大分・臼杵港でのメッキゲームで20cm級本命2ケタ メタルジグにヒットタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

ボイルの発生地点は常に30m以上の距離があり、私の腕ではメタルジグしか届かない距離であったため、メタルジグのみでの釣りとなった。

ボイルを発見→ボイル付近にキャスト→着水後、ただ巻き開始→すぐにヒットのパターンを繰り返し再現でき、楽しい時間をすごすことができた。また、7時をすぎたころから20cmオーバーが連発するようになり、後半戦は特に楽しかった。

2ケタ達成で満足の納竿

しかし、フェリーが出発するとボイルもアタリもなくなる。釣果も2ケタ釣果で満足したこともあり、8時に納竿とした。

釣果はメッキ16尾(13~23cm)。メッキの腹は3cm程度のイワシ系の幼魚でパンパンだった。メッキとのファイトは楽しく、今回も満足できた釣行であった。

駐車場にラインやワームが捨てられていたので持ち帰った。大分県下では釣り人のマナーの悪さから釣り禁止場所が増えているため、自分の捨てたゴミでなくても持ち帰るように協力してほしい。

<週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
臼杵港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年9月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。