和歌山・串本の磯フカセ釣りで35cm級グレ 濁り入れば大物チャンス?

和歌山・串本の磯フカセ釣りで35cm級グレ 濁り入れば大物チャンス?

9月25日(日)に、和歌山県串本町樫野の磯にてグレ釣りをしてきました。磯は台風の影響でうねりが残っており沖磯には行けず、内磯の角石に渡礁しました。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター中上雄介)

中上雄介

和歌山県内をホームとして活動してます。グレ釣りがメインとなりますが、アオリイカのヤエン釣りやタチウオのウキ釣りなど、四季を通じて様々な釣りを楽しんでます。よろしくお願いします。

×閉じる

海釣り 磯釣り

当日の状況

当日は20cmまでのグレがエサ取りになるかなと想定。ところが磯際にエサをまくと、グレどころか他の魚も現れない状況でした。潮は大潮で午前5時過ぎに満潮で午前11時半に干潮。

和歌山・串本の磯フカセ釣りで35cm級グレ 濁り入れば大物チャンス?永田渡船(提供:TSURINEWSライター中上雄介)

風は朝はベタ凪で蒸し暑い感じでしたが、段々と東風が強くなって来る予報でその通りでした。

作戦

ウキ止めを付けてしっかりとタナを取る半遊動仕掛けで挑み、まずは磯際からじっくり攻めていき、状況次第で沖に遠投する作戦をとりました。

当日のタックルとまきエサの配合

開始時のタックルと仕掛けは以下の通り。

サオ:マスターチューン磯 1.2号 530
リール:BB-X ラリッサ 2500D
ミチイト:スーパーストロングXO 1.5号
ハリス:トーナメントガイア 1.5号
ウキ:ゼクトα 0
ハリ:掛かりすぎ口太 5号

意図

ハリスを4ヒロ取ってハリスの中にウキを入れ、ウキ下のタナは2ヒロでスタートしました。

ミチイトとハリスは遠投も視野に入れての1.5号スタートで、状況次第でハリスの太さを上げ下げする作戦です。事前の情報で口太グレが、メインとのことだったので、ハリは口太用をセットしました。ウキは、まず軽い仕掛けからスタートしたかったので、0から始めハリスにはガン玉を付けずハリの重みだけで落としました。

エサの配合

続けて当日のエサについて紹介します。

和歌山・串本の磯フカセ釣りで35cm級グレ 濁り入れば大物チャンス?使用した配合エサ(提供:TSURINEWSライター中上雄介)

まきエサ

VSP 1袋
沖撃ちスペシャル 1袋
V10SP 1袋
のりグレ1袋
以上3袋に対して、生オキアミ3kg×3袋

さしエサ

生オキアミ
食わせオキアミスーパーハードM
食わせオキアミスペシャルM
GクリルボイルL

意図

まきエサは遠投重視の配合を選択し、白系のまきエサに仕上げました。摂エサ効果を上げる為のVSP、遠投効果を良くし拡散性を上げる為の沖撃ちスペシャル、濁りを出し警戒心を解くことを期待してV10SP、グレの主食は海藻なのでのりグレ、以上が今回のまきエサのレパートリーと意図でした。

軽量ハリで35cmグレ手中

冒頭で記載した通り、始めてみると磯際にすらエサ取りの姿が見えず、稀にハコフグが1匹浮いてくる程度でした。ひとまず、竿1本先で1投目を投げるとハリがチモトで無くなって帰ってきました。

和歌山・串本の磯フカセ釣りで35cm級グレ 濁り入れば大物チャンス?渡礁した「角石」(提供:TSURINEWSライター中上雄介)

軽量のハリに変更

そこで、ファイングレ5号に変えました。このハリは軽量でまきエサと同調させやすく、食い渋りやさしエサがまきエサより早く沈下することでエサ取りにやられる場合に使用します。

ハリを変えて1投目にモジモジ~とウキが入り道糸が走り、アワセを入れるとズッシリと重たくサオに乗りました。上がってきたのは35cmの口太グレでまだまだ秋磯なので痩せてはいましたが、貴重な1匹でとても嬉しかったです。

次のページは沖の泡目で本命追釣!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。