和歌山・串本の磯フカセ釣りで35cm級グレ 濁り入れば大物チャンス?

和歌山・串本の磯フカセ釣りで35cm級グレ 濁り入れば大物チャンス?

9月25日(日)に、和歌山県串本町樫野の磯にてグレ釣りをしてきました。磯は台風の影響でうねりが残っており沖磯には行けず、内磯の角石に渡礁しました。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター中上雄介)

中上雄介

和歌山県内をホームとして活動してます。グレ釣りがメインとなりますが、アオリイカのヤエン釣りやタチウオのウキ釣りなど、四季を通じて様々な釣りを楽しんでます。よろしくお願いします。

×閉じる

海釣り 磯釣り

沖の泡目で36cmグレ

9時頃に沖の泡目(35m~40m程)を狙って、36cmの口太グレを追加。この時の仕掛けは、ウキがXライナーロングレンジG2、ウキ下は2ヒロ半ほどに設定して同じく半遊動仕掛けでした。

まきエサも遠投もストレスなくできて、白系のまきエサなので着地点がすぐ分かりさしエサを合わせやすかったです。

濁りが入ると大型のチャンス

同行者の方の話によると、「樫野の内磯では適度な濁りが入ると50cmを超えるグレが釣れるんやで」とのこと。海の中を見ると、適度に濁っており大型グレの匂いがプンプン。

そんな話をしておると、同じ磯の同行者の方が40cmオーバーの口太を見事にゲットしておられました。その他にも両サイドの磯(フタワレと角石の高場)でも40cmオーバーをキープしてると情報が入りました。

最終釣果

11時前から潮がコロコロと変わり、さらに東風が強くなってきたことでなかなかアタリを取れず、さしエサすら食わない状況になり釣果は2匹で終わりました。

和歌山・串本の磯フカセ釣りで35cm級グレ 濁り入れば大物チャンス?最終釣果(提供:TSURINEWSライター中上雄介)

今後の展望

これから始まる秋磯シーズンに向けて私が大事だと思うことは、「遠投性」です。磯際にはエサ取りが集結し、グレにさしエサが届かないということが多々あるかと思います。その時こそ遠近で魚の分離をこまめに行うことが釣果にも繋がると思います。

そこで、まきエサにも遠投性のある配合を入れることで遠投の釣りも簡単にできます。あと、自重のあるウキも持っておくと便利です。私はXライナーロングレンジを遠投の必要な時に使ってますが自重もありながら高感度で使いやすいです。

最低限のマナーもお忘れなく

まだまだこれから始まる磯釣りシーズンです。今シーズンも安全第一で楽しく磯釣りを満喫していきます。ただ、食べた後のゴミや飲み終わった後のゴミや切った道糸やハリスのゴミなどが落ちてることもあります。まきエサのこぼれた所も残っていたりすることも多々あります。

次の人が気持ちよく使うためにも、まきエサがこぼれたら帰る前に水で流す、ゴミは必ず持ち帰るなど当たり前のことを当たり前にできるように心がけていきましょう。

<中上雄介/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
串本町樫野の磯
出船場所:永田渡船

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。