愛知のボートジギング釣行で80cmメタボなブリ登場 潮目周辺でヒット

愛知のボートジギング釣行で80cmメタボなブリ登場 潮目周辺でヒット

9月に入りあちこちから伊勢湾奥の青物情報が入り始めたので、愛知県知多市の新舞子からマイボートを出して狙いに行ってきた。この日のプランは情報のある三重県側へ向かいながら、鳥やベイトの様子を見ていこうと考えていた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

マイボートで青物を狙う

午前6時に港を出発して三重県側の白子沖へ向かう。船を走らせていると、伊勢湾シーバースの西側に鳥が集まっているのを発見。雰囲気は良さそうだったので、ナブラが出るのを待ちながら、キャスティングやジギングで探ってみる。

魚探には表層にベイトがびっしり映っている。時折カタクチが弱って水面をフラフラと泳いでいる姿があった。魚は浮いているかもと、ミノーを中心に組み立てていくがアタリはなし。

ここ1週間で局地的なゲリラ豪雨が各地であり、その影響か水の色は茶色く濁っている。ミノーへの反応がないことと水の濁り具合から、もしかしたら表層は真水が入っていて青物は底付近にいるのではないかと考え、メタルジグ40gで底から中層を狙ってみる。

底付近で80cmブリヒット

キャストしたら底まで沈めてシャクってくる。するとすぐに同行の友人にヒット。強烈な引きでサイズが良さそうだ。上がってきたのは、75cmのワラサ。

愛知のボートジギング釣行で80cmメタボなブリ登場 潮目周辺でヒット青物引きを堪能(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

このワラサがとても太っていておいしそう。メタルジグを底からシャクり始めたときにヒットしたとのこと。

愛知のボートジギング釣行で80cmメタボなブリ登場 潮目周辺でヒットジャスト80cmのブリゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

中層から底付近に青物がいるのに間違いないと引き続きメタルジグで狙っていく。30分ほどたち、潮目が出来てきたので近くを流してみると、ついに私にもヒット。トルクのある引きと重量感が伝わってくる。何度か強烈な突っ込みに耐えて無事にネットイン。上がったのは80cmジャストの丸々太ったブリだった。

ブリ追釣ならず

引き続き狙おうとしたとき、他船から三重県側でサワラが上がったとの連絡が入った。次はサワラ狙いで船を走らせようかと迷ったが、なんせブリのクオリティーが良かったので、引き続きブリを狙うことにした。

時間は9時を過ぎていたので、そろそろ朝マヅメはラストチャンスかと気合を入れる。引き続きメタルジグで狙ってみるが、気づいたら周りにいた鳥がいなくなり、潮も流れなくなっていた。

昼から風が出る予報だったので三重県側へ行くのはやめた方がいいと判断し、伊勢湾シーバース周辺をウロウロしてみるが、結局これといった事件は起きず終了した。

これからのシーズンに期待

結果は2人でワラサ1匹とブリ1匹。どちらも丸々と太っていた。釣れたパターンは、メタルジグで底からシャクり上げてくる誘い方。鳥はとても多かったが、ナブラは出ず。まだ魚が散らばっているかなといった印象だった。魚探の反応だけでなく、水の濁り具合を見て狙う層を変えたのが正解だったかなと思う。

これからシーズン開幕し、本格化してナブラやトリヤマができ、エキサイティングな湾奥キャスティングゲームができるようになることを祈るばかりだ。

<週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
出船場所:新舞子
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年9月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。