陸っぱりルアーアングラー的【タチウオの食し方】 2日目が一番美味?

陸っぱりルアーアングラー的【タチウオの食し方】 2日目が一番美味?

釣行回数のわりに、私は魚をあまりお持ち帰りしません。ルアーフィッシングはゲームなので、リリースが原則です。けれど今回は2年ぶりにタチウオが釣れたので調理してみることにしました。指3本級が6尾。そのボリュームと、ささやかな調理術をお伝えします。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

Avatar photo
井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 レシピ

味の決め手は「守(も)り」

料理下手が何を言う、と自分でも思いますが、釣魚の味の決め手は何かといえば、間違いなく「守り」です。料理人の言葉で「もり」と言います。

特に血抜きとワタの処理が大事です。別の記事でも述べますが、サバ科のような血が出やすい魚は、しっかり血抜きして、血合いまで取ることが大事です。「守り」ができてこその味わいです。釣りで疲れても、ここまで頑張りましょう。

乱獲厳禁 持って帰る分だけ

今回は6尾とまあまあ釣れたのですが、さすがにこれが10尾になってくると獲りすぎです。10なら4人家族でちょうどか、ちょっと多いくらいでしょう。どんな魚も食べる分だけ持ち帰り。他はリリースし、いろんな意味で命をおいしくありがたくいただきましょう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。