福井オフショアジギング釣行でハマチ好捕 イワシ飽食して脂乗り抜群

福井オフショアジギング釣行でハマチ好捕 イワシ飽食して脂乗り抜群

オフショアジギング釣行に、福井県坂井市の九頭竜川ボートパークから出船するフィッシングガイドサービス・ブルーズに乗船した。釣行当日は、SLJでもセミロングでもヒットし、パワフルなハマチの疾走を堪能できた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丸岡しょうへい)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

福井でオフショアジギング釣行

9月4日、オフショアジギング釣行に、福井県坂井市の九頭竜川ボートパークから出船するフィッシングガイドサービス・ブルーズに乗船した。

実をいえばジギングは悪天候などを含めて私は2カ月ぶりで、三国エリアがどのような状況かは分からなくなってしまっていた。

情報からすると、青物は十分に狙える状況で、ベイトはカタクチイワシのようだ。となればスーパーライトジギングの出番なので、そちらを中心にタックルを準備。それに加え、直前に乗った夜便(イカメタル)でアジングをしていた人が手のひらサイズのカマスを釣っていた。これがベイトになっているのではないかとにらみ、通常のジギングタックルとセミロングジグも持ち込み、どういった状況にあるのか調査を兼ねる気持ちで釣りに向かった。

セミロングジグにハマチ

当日は快晴で汗ばむほどの暑さ。ポイント周辺には鳥が周回していて、雰囲気は良さそう。まずは水深50m前後のポイントからスタートした。

同船者はスーパーライトジギングで小さいジグから始めていたので、私は逆に140g前後のセミロングジグから始めてみた。1流し目、早速隣の人が40cmぐらいのハマチを確保。

さらに続いて私にもヒット。セミロングジグで底を取ってから速巻きして、ワンピッチジャークにアクションを変えた瞬間だった。釣れたのはこちらも40cmぐらいのハマチだ。

福井オフショアジギング釣行でハマチ好捕 イワシ飽食して脂乗り抜群140gのセミロング系ジグでヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸岡しょうへい)

キャスティングはバラシ

その後もぽつぽつと船中で同じくらいのハマチが釣れていた。海面を見ていると時折魚が海面付近でベイトを追い立て、鳥がそこに集まることがあった。大規模なナブラやトリヤマではないが、チャンスはありそうなのでキャスティングロッドを出してみる。

こちらも調査の気持ちで、16cmほどのダイビングペンシルを引いてみた。2時間ほど続けて、惜しくも1バイト1バラシという結果だった。数回のアタックも見られたがそちらは乗らず、もどかしい思いをするも、キャスティングでも十分チャンスはあるということが分かった。

次のページでSLJにパワフルなハマチがヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。