木曽川のウナギ釣りで本命1匹 ドバミミズのエサにセイゴやニゴイも

木曽川のウナギ釣りで本命1匹 ドバミミズのエサにセイゴやニゴイも

今年はウナギの情報がなく、昨年より難しいようだ。しかし、まだ十分狙える時期なので、8月28日は昨年よく釣れた木曽川河口域に妻と釣行してきた。ゲストも交え、リリースサイズのウナギをキャッチした当日の釣りをリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ウナギ釣り

木曽川河口でウナギ釣り

現地には午後6時に到着。エサは冷凍カメジャコ、アケミ貝、ドバミミズの3種類を準備した。カメジャコは冷凍も含めて入手困難だったが、なんとか1箱入手できた。

木曽川のウナギ釣りで本命1匹 ドバミミズのエサにセイゴやニゴイも当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

当日の状況

潮から判断すると、満潮から下げ潮となるのでウナギ狙いは厳しいか。川魚が交じるのではないかと考えていた。

大潮の満潮を迎える直前のため、水位はいつもより高い。いつもサオをセットする場所が水没していたので少し工夫する。

木曽川のウナギ釣りで本命1匹 ドバミミズのエサにセイゴやニゴイも大潮の満潮で水位は高め(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

サオは全部で5本準備し、3本にカメジャコ、1本にドバミミズ、1本にアケミ貝を付けた。

木曽川のウナギ釣りで本命1匹 ドバミミズのエサにセイゴやニゴイもこんな感じで 5本出した(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

表層は穏やかに見えるが、回収した仕掛けには水草や枝が掛かっており底は荒れているようだ。そこで遠投していたサオは回収し、岸から5~10mの近場に投入した。

大型ニゴイヒット

午後8時に小さなアタリ。リールを巻くとプルプルと抵抗する。上がったのは15cmくらいのセイゴで、大きなドバミミズを丸のみ。これがこの後連発した(リリース)。

午後9時30分に大きなアタリが出た。いきなりサオ先が大きく曲がり震えている。まるで踊っているようだ。引き方からするとウナギではない。シーバスか?慎重に寄せると…コイ?大型のニゴイだ。もちろん対象外だが、随分大きい。「シーバスだったらキープしていたな」とつぶやきながらリリースした。

木曽川のウナギ釣りで本命1匹 ドバミミズのエサにセイゴやニゴイも大きな二ゴイがヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

次のページでいよいよ待望のウナギが登場?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。