静岡・沼津での堤防フカセ釣りで40cm頭にクロダイ5尾キャッチ

静岡・沼津での堤防フカセ釣りで40cm頭にクロダイ5尾キャッチ

盆休み期間中の8月15日(月)、静岡県沼津の九連港に釣行した。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・田邉昌汰)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

九連港でフカセ釣り

潮回りは中潮で、6時半近くが満潮、昼前まで釣りをしようと考えながら目的地へ。

渋滞を考えて、自宅を3時に出発。箱根から三島と走るが、やはり車の数が多い。内浦を抜けて4時すぎに到着。日の出前だが、数人の釣り人がいろいろな釣りをしていた。

静岡・沼津での堤防フカセ釣りで40cm頭にクロダイ5尾キャッチ当日の釣り座(提供:週刊つりニュース中部版APC・田邉昌汰)

あいさつをして、目的の場所を確保して荷物を運んだ。この日はクロダイ狙いのフカセ釣りなので、明るくなるのを待ち、まずはコマセ作り。爆寄せチヌ、ニューチヌパワーダッシュ、チヌパワームギ各1袋とオキアミブロック1.5kgをよく混ぜて、海水を加えて粘り強く仕上げた。

タックルは、磯竿0.6号5.3m、リールは2000LB、ミチイト2号、ハリス1.75号にチヌバリ2号。ハリス2ヒロに矢引きぶん遊動するため、矢引き上にウキ止めをセット。仕掛けがナジむと円錐ウキも、じんわり入る。付けエサには、オキアミ、コーン、練り餌などを持参。

早々に35cmクロダイ登場

まずは、オキアミでスタート。潮は、ゆっくりと右沖へと流れる。流れにナジむようコマセを手前に打つ。

数投後、仕掛けがナジむとアタった。アワせると、沖に走る。もしかしてクロダイ?と考えて慎重にやりとり。無事にタモ入れしたのは35cmほどのクロダイだ。

静岡・沼津での堤防フカセ釣りで40cm頭にクロダイ5尾キャッチ竿が絞られる(提供:週刊つりニュース中部版APC・田邉昌汰)

最終釣果

すっかり明るくなると暑さが一段と強くなり、熱中症予防に水分を補給しながら、11時まで竿を出した。クロダイは40cmを頭に5尾、そのほかキビレ1尾の釣果だった。

この日は前日までの雨、風の影響か、海はやや濁り気味だった。最後に釣り場周辺の掃除をして、渋滞を避けるため早めに帰路に就いた。

<週刊つりニュース中部版APC・田邉昌汰/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
九連港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年9月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。