伊勢湾青物ジギング釣行で大ハマチ3匹 スイム系ジグの速巻きが的中

伊勢湾青物ジギング釣行で大ハマチ3匹 スイム系ジグの速巻きが的中

8月15日に南知多町から出船する遊漁船に乗船し、ジギングへ行った様子をレポートしたい。釣行当日の最終的な釣果は、60cm前後の大ハマチが3匹と指3本サイズのタチウオ1匹の結果になった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

伊勢湾へジギング釣行

8月15日に南知多町から出船する遊漁船に乗船しジギング釣行。悪天候が続くなか、奇跡的に晴れとなったこの日は風も波もなく、釣り日和となりありがたい限り。

午前6時すぎに出船して最初のポイントへ到着すると、「タイラバでもジギングでもどちらでもいい」とアナウンス。30mほどのポイントで私はジギングで狙っていく。

しかし予想に反して、なかなか魚からの反応が得られない。周りを見渡してみても、ハマチクラスの青物が数匹上がったのみで、すぐにポイント移動となる。

ファーストヒットは指3本タチウオ

次のポイントではジグをスローなワンピッチジャークで誘い、ステイを入れつつ誘ってみる。するとステイから巻き始めた直後に、サオ先がググッと重くなるような独特なアタリで、指3本クラスのタチウオをゲットした。どう猛な見た目に反して味は繊細で最高においしいターゲットに頬が緩む。

伊勢湾青物ジギング釣行で大ハマチ3匹 スイム系ジグの速巻きが的中最初のヒットは指 3本のタチウオ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

スイム系ジグにチェンジ

しかしここでも後が続かずポイント移動。船長が船を入れると「ベイト山盛り!」とアナウンスが流れて、がぜんやる気が出る!

ジグを入れてすぐに、周りのアングラーはハマチ~ワラサクラスの青物を釣り上げている。が、肝心の私のジグには魚が反応しないではないか。タナか、泳ぎか、スピードか…などいろいろ思案しながら釣れている人を見てみると、ジグはセミロング系、動かし方は速巻きとストップを織り交ぜながら巻くと反応があるみたいだ。

ジグの形状より動かし方にヒットの秘密があるのでは、と踏んだ私はジグをスイム系ジグであるメタボスイマー160gへとチェンジ。

伊勢湾青物ジギング釣行で大ハマチ3匹 スイム系ジグの速巻きが的中メタボスイマ— 160g(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

時合い突入でハマチ登場

ボトムを取り中層付近まで速巻きのストップ&ゴーで狙うと、突然ハンドルが止まる。激しくサオをたたく反応は間違いなく青物だ。でもこの違和感は何だろう。とてつもなく重い。

イトを出されては浮かせてを繰り返し、腕が限界を迎えつつなんとか水面で魚影を確認すると、なんと2匹いるではないか。ジグのフロントフックとリアフック、それぞれに1匹ずつ60cm弱の大ハマチが食いついている。船長にタモ入れしてもらい無事ハマチをゲット。だからこんなに重かったのか!

伊勢湾青物ジギング釣行で大ハマチ3匹 スイム系ジグの速巻きが的中なんと大ハマチのツインヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

いよいよ時合い到来。船のいたる所でハマチ~ワラサクラスの魚が釣れており、船長が忙しく船を走り回っている。

後に続けとジグを投下して、先ほどと同じパターンで狙っていく。何度かボトムを取り直した後、ストップからの巻き始めにズドン!こちらも青物で先ほどと同サイズを無事ネットイン。

次のページで最終釣果を発表!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。