木曽川ウェーディングルアー釣行で78cmシーバス スロー巻きにヒット

木曽川ウェーディングルアー釣行で78cmシーバス スロー巻きにヒット

7月下旬、毎年この時期にワンドに入り込んだベイト(ボラの稚魚)を捕食するシーバスを狙って、三重県桑名市の木曽川へ。今回は、中層狙いでコンディションの良い78cmを手中した釣行の様子と、筆者の釣りスタイルも合わせて紹介する。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

木曽川の大型シーバス釣り

7月下旬、毎年この時期にワンドに入り込んだベイト(ボラの稚魚)を捕食するシーバスを狙って、三重県桑名市の木曽川へ向かう。

現地に着いたのは満潮を過ぎた下げ潮時。やはりベイトは河川一面にいる。それを捕食する音も至る所で聞こえる。この捕食しているシーバスを狙うのは難しく、魚の活性が高くなければルアーに食いつくことが少ない。

私は持っている全てのルアーを使うが、アタリはなくボイルタイムは終了した。しかし、ワンドに入り込んだベイトは水位が浅くなるにつれて、本流へと流される。ここからが勝負の時間帯だ。

中層狙いで78cmシーバス

まずは表層を引くルアーをキャストするが反応がない。そこでボトム周辺を狙い20gのバイブレーションをキャスト。活性の高い魚がいればアタックしてくるのだが、この日はルアーに軽くアタックしてくる程度。数10回のバイトがあったが、全て掛かりが浅く手前まで寄せた瞬間に外れる。

そこで中層を狙えるミノーに変更。緩い流れに乗せ、スローな巻きを開始する。するとガツンとバイト。アワせるとエラ洗いはしないが首を振る。かなり大きなシーバスだと確信した。

丁寧なやり取りで無事にランディングした。計測すると78cmのコンディションのいいシーバスだった。

木曽川ウェーディングルアー釣行で78cmシーバス スロー巻きにヒットスローで巻いて食わせたシーバスは78cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

リバーゲームは最盛期

これからの時期シーバスやクロダイ、マゴチを釣りたいと思っているアングラー、釣りを始めたばかりだが大きな魚が釣りたいと思っている人には、これからの木曽川がお勧めだ。

初めて釣りをしたいと思う人に向けて、今回私の釣りスタイルを記載したいと思う。

釣り用ウエーダー

まずは岸から釣るのにも水が岸際まで入っているため、胸までのフェンダーウエーダーを準備してほしい。

シーバスロッド&リール

次にロッドは硬めで長いのがお勧め、私は10ftのMクラスの硬めロッドを使用している。

リールはロッドに合う4000番。PEラインはシーバスなら1号、リーダー20lb、スナップは1番を使用する。

木曽川では根掛かりもあるため、長いロッドだと外れやすいがランディングする際には長いロッドの場合は難しくなる。

また大型シーバス、クロダイとのバトルでアングラー優位にするためには、4000番のリールがお勧め。

ルアー

ルアーは木曽川の実績からするとバイブレーションの15~20gが効果的だと感じる。

これからハイシーズンを迎える木曽川で釣りに挑戦してみませんか。木曽川の魚は全てが大型。釣れたら思い出に残るのは間違いない。ただ、木曽川は流れが速くぬかるみも多数あるため、専用のライフジャケットを必ず着用して釣行してほしい。

<週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
桑名市・木曽川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年8月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。