周防大島のナイトアジング釣行で豆アジ攻略 ボトム狙いでは25cm級も

周防大島のナイトアジング釣行で豆アジ攻略 ボトム狙いでは25cm級も

プログレチーム広島の向井さんが7月下旬、山口・周防大島の船越へナイトアジング釣行した。この時期は海面上層部には豆アジが回り、25cmクラスの良型は狙いにくい状況だ。今回の釣行で学んだ豆アジ攻略法をレポートしよう。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

周防大島でナイトアジング釣行

釣行当日は中潮だったが、釣座に入ったのは午後11時の満潮時。午前4時30分の下げ潮狙いだ。最悪なのは土砂降りの雨。車中で小ぶりになるのを見計らってバグバレットいなづまダート1.5gにアジミルクストリーマー(オキアミラメ)2.0inをセットし、ファーストキャスト。

土砂降りの雨が魚の活性を上げたのかは定かではないが、12cmの豆アジがヒットしてきた。海面は小粒の雨が波紋を残すが、これが意外にも魚のプレッシャーを和らげる効果となった。

当日のタックル

しかし今回は豆アジをいかにかわして25cmクラスを狙うか欲がでる。しばらくジグ単1.5gで狙うも豆アジのアタックが激しく、フリーフォールしてもアタリがでるので実にやっかいだ。

この状況を打開するにはジグ単1.8gにアジひとすじ・アジ職人ソフトサンスン3in(ピンクアミエビグロウ)での勝負が早いと決断した。

周防大島のナイトアジング釣行で豆アジ攻略 ボトム狙いでは25cm級も向井さんのタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

ボトム狙い良型25cmキャッチ

ワームを交換してやや沖めにリグをキャストし、リグの重さとアジ職人のワームの水中でのアクションを信じて。ひとまずフリーフォールで底までノーアクション。

ところが、ボトム付近でリグが一気にひったくられた。今回の釣行のなかで最も強烈な引きだ。PEライン0.3号にリーダー0.8号だったので少し強引にアワセを入れた。リールのドラグが魚の引きに応じて逆回転するが、ロッドのタメに負けたのか25cmのアジがアジバサミに収まった。

周防大島のナイトアジング釣行で豆アジ攻略 ボトム狙いでは25cm級も良型アジをキャッチした向井さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

キーパーサイズは少なかったが、豆アジの攻略法を学んだような気がしたとのことだった。

周防大島のナイトアジング釣行で豆アジ攻略 ボトム狙いでは25cm級も向井さんがキープしたアジ(提供:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

<週刊つりニュース西部版APC・川原直毅/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
周防大島・船越
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年8月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。