船カワハギ釣り入門 【初心者でも出来る誘い・アワセ方を徹底解説】

船カワハギ釣り入門 【初心者でも出来る誘い・アワセ方を徹底解説】

ゲーム性と食味の良さで人気の船カワハギ。アタリを出してから、アワせて掛けるまでのプロセスが特に面白い釣りです。今回はそんな船カワハギの基本と、誘い・アワセのコツを解説していきます。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

船カワハギ釣りのタックル

カワハギ釣りのタックルを選ぶ際のポイントを解説します。

船カワハギ釣りの竿

1.8m程度の専用竿が使いやすいです。硬さは、硬めの竿は反発力が強く、手感度のアタリが出やすいです。軟らかめの竿は、反発力は弱いものの目感度のアタリはでやすいので、好みで選びましょう。調子は9対1、8対2、7対3に分かれていることが多く、手感度派の人は9対1か8対2を、目感度の人は7対3か8対2が適しています。

船カワハギ釣りのリール

投入~誘い~回収・取り込みの動作を常時行うので、操作性と腕の疲労を考えると軽量・小型の両軸リールがベストです。投げて探る人は、遠心ブレーキ付きを選びましょう。ミチイトはPEライン0.8号前後を150mほど巻きます。

カワハギ釣りの仕掛け

初心者であればハリス付きのハリを購入するのが楽です。選ぶ上で大切なのは、ハリスの太さ・長さとハリの形状。基本の釣りは船下を狙う「縦の釣り」になるので、ハゲ系と吸わせ系の2種類を用意しましょう。

船カワハギ釣り入門 【初心者でも出来る誘い・アワセ方を徹底解説】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

活性が高く、中層メインで釣るときはハゲ系4~5号でハリス2~3号を6cm。活性が低く、海底メインで釣るときは、吸わせ系6.5~7.5号、ハリス1.5~2.5号6~10cmを用意。中層でも底でもアタリがでる場合は両種のハリをまぜて使用します。オモリはボトム(海底)に対する接地面の大きい形状のものが使いやすいです。

中オモリは必要?

中オモリを付けることで仕掛けに様々なアクションを付けられるようになり、誘いに幅が出ます。ただしアタリが分かりづらくなるデメリットはあるため、竿の上下で誘ってアタリを出す「聞き釣り」をする場合はなくてもいいです。

ハリの交換はこまめに

口の硬いカワハギを釣り上げるとハリ先が甘くなることが多いので、釣り上げたら必ずチェックし消耗している場合は交換することが大切です。予備のハリとハリスが付いていて、自動ハリス止めを使用し簡単に交換できるタイプの仕掛けも売られているので、それを使うのもいいでしょう。

装飾を付けるのも効果的

カワハギはキラキラ光るものに寄ってくる習性があり、集魚板やオモリに反射テープを付けるなど仕掛けを装飾するのも効果的です。ただ、エサ取りのフグなどにもアピールしてしまうことや、中オモリ同様仕掛けの途中に集魚板を付けることでアタリが分かりづらくなるなどデメリットもあるので、状況や好みによって使う使わないを選びましょう。

エサはアサリが基本

エサはアサリが基本となります。鮮度が悪いと食いは悪くなるので、50粒を目安に小出しにして使用し、残りはクーラーに入れておきましょう。活性の高いときに軟らかいエサを使用すると、アタリに気が付かない間に取られることが多くなります。

船カワハギ釣り入門 【初心者でも出来る誘い・アワセ方を徹底解説】エサは形が崩れたら直ぐに交換(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部)

その場合、小出しにして塩で締めて水分を抜き、硬くすると効果的です。硬めはアサリ10に対して塩2。軟らかめは10対1の割合。時間の経過や外気温の影響で硬くなり過ぎた場合は海水で洗うと少し軟らかくなります。

アサリの付け方

アサリのハリへの付け方は水管の横から針を通し、ベロの部分に縫い刺し。最後にワタの部分にハリ先を入れます。

船カワハギ釣り入門 【初心者でも出来る誘い・アワセ方を徹底解説】アサリの付け方図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

アオイソメが有効な状況も

その他のエサではアオイソメが有効な場合もあるので予備で持参してもいいでしょう。また冷凍エビなども使えます。

次のページで釣り方&誘いを徹底解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。