釣り糸の点検頻度&項目と交換方法を解説 道糸チェックも忘れずに

釣り糸の点検頻度&項目と交換方法を解説 道糸チェックも忘れずに

糸(ライン)は釣りにおける最重要アイテムです。竿とリールがなくても糸があれば釣りは成立します。そんな重要ポイントなのに、ついついチェックがおろそかになりがちなのも事実です。今回は、釣り糸の確認タイミングと点検項目と交換方法について解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

その他 お役立ち

糸は釣りの最重要アイテム

普段何気なく使っている釣り糸。もはや使うのが当たり前のようにも感じてしまいますが、魚と釣り人を結ぶ唯一の道具でもあります。リールが無くても糸があれば釣りは成立するように釣り糸が担う役割は重要で、エサ釣りとルアー釣りのどちらでも糸が魚と釣り人の架け橋として活躍しています。

釣り糸の点検頻度&項目と交換方法を解説 道糸チェックも忘れずに糸は最重要アイテム(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

道糸とハリス

海釣りでは道糸とハリス(ショックリーダー)の2種類を使う場面が多く、それぞれの役割と特徴は必ず覚えておきたい釣り人の必修科目です。

道糸にはナイロンやPEにエステルなど様々な素材があり、釣り方や狙うターゲットによって使い分けます。ハリス(ルアーの場合はショックリーダーとも)には屈折率が低く、比重が重いフロロカーボンラインが人気です。水中に溶け込みやすく魚に警戒されにくい特徴を活かして、エサ釣りからルアー釣りまで多くの場面で使用されています。

ラインの点検と交換

釣りをしていたらいつの間にかラインに傷が入っていた…という場面は多いはず。魚によるダメージから物に擦れるなど要因は様々です。傷が入ったラインをそのまま使ってしまうと悔しいトラブルの原因に。お気に入りのルアーをロストしてしまう、せっかく掛けた大物を逃してしまう…など釣り人へのダメージも深刻です。

このような悔しい思いをしないために習慣づけしたいのが、ラインのこまめな点検と交換です。面倒で手を抜きがちな作業ですが怠ると悔しい思いをします。面倒だと感じても習慣にしておくと今後の釣りで必ず役に立つはず。細かい部分まで意識を向けられるかどうかで、魚釣りの技術に差が出てきます。具体的なラインの確認と交換方法を紹介します。

釣り糸の点検頻度&項目と交換方法を解説 道糸チェックも忘れずに大物をバラす前にチェック(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

次のページで具体的な点検のタイミングを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。