福井でのタイラバ釣行で小学生が70cmオーバーのマダイをゲット

福井でのタイラバ釣行で小学生が70cmオーバーのマダイをゲット

本格的な夏を迎えた日本海へタイラバゲームに出かけたのは7月2日。同行は釣友の松井さん一家だ。松井さん一家は奥さんはもちろん、息子のヒロキ君もタイラバの大ファン。一家総出でオフショアフィッシングを楽しんでいる。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 谷川智)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

若狭大島沖でタイラバ

すでに暑さがピークを迎えたのではないかと思えるほど気温が上がった午前9時に福井県・若狭大島を出船。進路を北に取り、水深80mラインを目指す。

40分ほどでポイントに到着すると、ほとんど風がなく暑さが倍増する。だが潮はそこそこ流れているようで、期待はできそうだ。

狙いだが、マダイはもちろん、人気のアマダイ、レンコダイ(キダイ)、アオハタなど。全員が120gのタングステンのタイラバをセットし、早速落とし込んでいく。だが予想以上に潮が速く、あっという間にラインが前に払い出される。

まずはレンコダイが登場

ボトムに着いてから巻き始めると、徐々にラインが立ってくる。潮が走っているのは表層だけのようだ。早速アタリがあったのはヒロキ君。心地よい引きを味わいながら、手慣れた動作でレンコダイを抜き上げた。

福井でのタイラバ釣行で小学生が70cmオーバーのマダイをゲット定番のレンコダイ(提供:週刊つりニュース中部版 谷川智)

続けてお母さんの裕美さんにヒットしたのは、やはり同サイズのレンコダイだ。干物にすればおいしいレンコダイ。松井家では、タイラバ釣行の後に大量生産されるらしい。

ここからポツポツとヒットが続き、レンコダイの他に良型のアオハタ、アマダイなども姿を見せる。少しずつポイントをずらしていき、70mラインまで探るが水深が70mを切ると、極端にアタリが少なくなるのが印象的だった。

超特大のエソヒット

昼近くになって、松井さんの釣友の岡本さんにビッグヒット。青物のように一気に走るファイトに何が掛かったのか、皆の注目が集まる。

福井でのタイラバ釣行で小学生が70cmオーバーのマダイをゲット巨大エソ登場(提供:週刊つりニュース中部版 谷川智)

時折ドラグを滑らせて上がってきたのは、なんとこれが超特大のエソ。こんなサイズのエソを見るのは誰もが初めてで、長さは70cmを超えていた。その大きさに皆が圧倒されてしまった。

次のページで小学生アングラーに70cm超え大ダイがヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。