クロダイのヘチ釣りにおける【基本装備&あると便利な釣行アイテム】

クロダイのヘチ釣りにおける【基本装備&あると便利な釣行アイテム】

クロダイのヘチ釣りは文字通り港や防波堤でのヘチを探って行くランガンスタイルの釣り。最近ではいろいろな便利アイテムも発売されヘチ釣りもスタイリッシュになった。今回はそのヘチ釣りに必要な基本タックルとあると便利な釣行アイテムを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター石田一聖)

石田一聖

北九州在住。石鯛南方宙釣りの開祖、故中山正則に師事し石鯛釣りをメインに様々な釣りを九州一円で展開する。北九州石鯛クラブ所属 広報担当。AMA波止場フカセ研究会所属。石鯛&黒鯛ヘチ釣りがメイン。時々船釣り。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

必須の釣行装備

まずはライフジャケットまたはベルト付きライフセーバーポーチ。ヘチ釣りに限らず釣りはこれが無いと始まらない。ライフジャケットはとても重要なアイテム。特に防波堤や岸壁などは不意に落ちたら上がる梯子などが少ないため落ちたら非常に危険な釣り場だ。どんな場合でも必ずライフジャケットは着用するようにしよう。

クロダイのヘチ釣りにおける【基本装備&あると便利な釣行アイテム】ライフジャケットはマスト(提供:TSURINEWSライター石田一聖)

エサ箱

ヘチ釣りは移動しながら釣るのでエサ箱の携帯が必須。腰に装着するタイプのものと手で持つタイプとあるがど、ちらかと言えば腰に装着したままで手ぶらで移動できるタイプの物がよい。釣具メーカーから販売されているプラスチック製の物や、ヒノキなどでできた木製の高級エサ箱など多数種類があり、個性を表現するアイテムとなる。

クロダイのヘチ釣りにおける【基本装備&あると便利な釣行アイテム】エサ箱(提供:TSURINEWSライター石田一聖)

玉の柄(玉網)

玉の柄は黒鯛ヘチ釣りに欠かせないアイテム。せっかく釣れた魚を取り込むためには玉の柄が必須。当然短いと軽い、長いと重いのだが筆者のホームグラウンドでは最低3mもあれば干潮でも水面まで届くので、3.6mと短く軽い物を使用しできるだけ身体に負担がないようにしている。

遠征など他の場所に釣行する際は6m以上ある場所もあるので、少し重いが7mの玉の柄もを使用し使い分けることによってより機動性を高めている。

クロダイのヘチ釣りにおける【基本装備&あると便利な釣行アイテム】玉網(提供:TSURINEWSライター石田一聖)

次のページであると便利なアイテムを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。