今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉・鎌北湖】

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉・鎌北湖】

埼玉県入間郡毛呂山町にある鎌北湖は、工事が終わり今年3月再開された。約8tものヘラが放流され、再開直後は釣れるポイントが限られていた。しかし最近は、湖全体で釣れるようになった。釣り場の雰囲気も抜群で、きっと楽しめるはずだ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

釣り方とエサ

夏季は竿8~10尺程度の短竿での両ダンゴの浅ダナが一番釣れるだろう。ポイントに寄っては釣り座から水面までが高いところもあるので、浅いタナの釣りをやるにも12尺竿程度まで用意すれば問題ない。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉・鎌北湖】タックル図(作図:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

釣れるタナは水面直下のカッツケから1m前後までが基本。仕掛けは道糸で0.8~1号くらいで、ハリスは0.4~0.5号くらいで十分だ。チョウチン釣りは、深いところで21尺竿いっぱいも可能。ただしポイントが限定されるので、長い竿でのチョウチン釣りに拘らなければ、必要最低限の長さまで用意しておけばいいだろう。

工事以前は底にゴリと呼ばれるハゼ科の魚が多く、底釣りをやるとこれらが邪魔をしたが、いったん水を抜いたことでハヤ等のジャミはいるものの、ゴリがいなくなったので夏場でも底釣りが楽しめる。とりあえず10月いっぱいまでは両ダンゴの釣りで十分楽しめるはず。それ以降は時期に合わせてウドンセットの宙釣りや、グルテンセットの底釣りなどでやるといいだろう。

<週刊へらニュースAPC・若松恵治/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鎌北湖
入釣料:1300円。
問い合わせ:鎌北湖保勝会 TEL=090(5815)9952
この記事は『週刊へらニュース版』2022年7月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。