今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉・鎌北湖】

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉・鎌北湖】

埼玉県入間郡毛呂山町にある鎌北湖は、工事が終わり今年3月再開された。約8tものヘラが放流され、再開直後は釣れるポイントが限られていた。しかし最近は、湖全体で釣れるようになった。釣り場の雰囲気も抜群で、きっと楽しめるはずだ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

鎌北湖の概況とポイント

別名『乙女湖』とも呼ばれる昭和10年に出来た農業用の貯水池で、周囲は2.3kmほど。水位は最深部で20mほどあるが、釣りは桟橋メインで、ほかは上流部の旧明月周辺や、エン堤で釣り台を出しての陸釣りしかできない。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉・鎌北湖】概況図(作図:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

2019年の10月に、法面工事のために釣り場は一時閉鎖。工事のために湖の水はすべて抜かれてしまったが、その時に居たヘラは愛知県にある管理釣り場・ひだ池の協力により処分されずに済んだ。

また釣り場が減るいっぽうの昨今、釣り場としての再開も危ぶまれたが、鎌北湖のある毛呂山町はもちろん、釣り場を管理する鎌北湖保勝会による協力で、2022年3月に無事再開された。

再開に伴い一部を除いて桟橋も一新され、今まで丸太を並べたデコボコの桟橋から建築用の足場を使った平らな桟橋になり、スノコなどを置きやすくなった。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉・鎌北湖】桟橋が新しくなった桜並木(提供:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

新たに放流されたヘラブナは、8寸前後をメインに尺くらいまでを8tほどとのこと。魚影は十分だが、再開直後は群れで動く習性のため、釣れるポイントに大きく差が出る状況だった。しかし、今はある程度湖全体で釣れるようになった。

釣り場自体は桟橋が新しくなっただけで大きくは変わらず、基本は宙釣りから底釣りがメインとなる。桜並木の崩れ寄りの一部や、旧みさき亭とその並びの一部と他数ヵ所だけは竿いっぱいのチョウチン釣りができる。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉・鎌北湖】整備された第一ワンド(提供:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

ただし農業用の貯水池のため、夏季は水位が落ちることがあり、1~2mの中途半端な減水だと、桟橋からは水面が遠くなって釣り辛い時もある。逆に4~5mの減水なら桟橋の下に釣り台を設置して釣りができるので、事前に情報を得るなり、釣り台を持参していくことをお勧めする。

その他の注意点

駐車場はエン堤方向の奥に行った第一駐車場や旧明月の上流にある第二駐車場があり、他に第一ワンドと第二ワンドに数台分のスペースがある。絶対に路上駐車やめよう。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【埼玉・鎌北湖】第一駐車場前の石垣(提供:週刊へらニュースAPC・若松恵治)

ゴミは必ず持ち帰り、釣り場をきれいに使ってほしい。ちなみ釣り場の状況を知ってほしいと、今年の10月までは第1木曜日は無料開放している。

次のページで鎌北湖の釣り方とエサを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。