愛知での夜の二刀流釣りでアジ&ヒイカ サビキとウキ釣りでキャッチ

愛知での夜の二刀流釣りでアジ&ヒイカ サビキとウキ釣りでキャッチ

愛知県・南知多町の豊浜釣り桟橋で、真夏の強烈な日差しを避けて快適な夜釣りに行ってきた。今回は、マアジをサビキで、ヒイカをウキ釣りで狙った二刀流だ。その釣行をレポートしよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

サビキでマアジ連発

アジは、午前3時ごろには周囲で単発だが釣れるようになった。時合いが近づいたと考え、セーブしていたまきエサを存分に使用する。すると、妻が1匹目を釣った。サイズは10cmくらいだ。

しばらく1匹2匹と着実に釣っていた妻だが、小アジは掛かっても暴れないため仕掛けが絡まることは少ないと考え、「仕掛けが絡まないようにラインにテンションを掛けたまま、魚が掛かっても放置して追い食いさせてみれば」とアドバイス。

すぐにアドバイス通り追い食いさせると、なんと6本バリに6匹、5匹とコンスタントに釣るようになり、すっかり夢中になっている。

愛知での夜の二刀流釣りでアジ&ヒイカ サビキとウキ釣りでキャッチアジ5匹掛けに大喜び(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

周囲の人も妻が釣っているのを見て一気に真剣モードにシフトチェンジ。釣り方を聞きに来るくらいよく釣っていた。

周囲の人はアミエビコマセを使用していたが、私たちはシロメを使っていたため、より魚が集まってきたのだろう。私の置きザオにもマアジが釣れるようになった。

マアジはまだ暗い午前3時30分ごろに釣れだし、明るくなった4時30分ごろピークに達し、6時30分ごろにはポツポツ釣れる程度になった。

サビキにカマスもヒット

仕掛けを回収してくる途中、表層付近でそれまでとは異なるシャープな引きを感じた。魚体が細長く、よく見るとカマスだ。

狙ったわけではないが、表層付近でサビキに反応するらしく、たまたま掛かった2匹をキャッチ。ミノーで狙えばさらに釣れるそうだ。

愛知での夜の二刀流釣りでアジ&ヒイカ サビキとウキ釣りでキャッチカマスをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

当日の最終釣果

当日の釣果は、小アジ10~15cm55匹、カマス15cm3匹、サバ10cm2匹、サッパ15cm2匹、ヒイカ15cm5匹。サビキでいろいろ釣れて面白かった。

愛知での夜の二刀流釣りでアジ&ヒイカ サビキとウキ釣りでキャッチ今回の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

この時期であれば、マアジとヒイカの二刀流は十分可能だ。今回はヒイカとマアジを同時に狙ったためヒイカの数は少なかったが、夕マヅメからヒイカを狙い、午前3時ごろにマアジへシフトするなど、メリハリをつけると良さそうだ。

次のページで釣果料理を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。