和歌山のイカメタル開幕戦でアカイカ65匹 日没まではタイラバを満喫

和歌山のイカメタル開幕戦でアカイカ65匹 日没まではタイラバを満喫

夏の夜釣りといえばイカメタル!近畿圏では日本海側がメインフィールドとなっているが、太平洋側の和歌山でも楽しめる。今年もアカイカ(ケンサキイカ)が釣れだしたようで、中南紀の船が一斉に狙いだしたので、7月7日はすさみ発の大成丸を仕立て、アカイカメタルに挑戦してきた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター吉鷹宣明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

すさみ沖でタイラバから

半夜釣りということで、大成丸は16時過ぎにすさみ港を出船。まずはお土産の根魚狙い。水深40m前後からスタートとなった。

今回は荷物を最小限にするため、タックルはイカメタル用を代用。PEライン0.6号、リーダー3号に20号のオモリ。タイラバで狙うと風を受けて船がいい感じに流れ、ポツポツとハタ類がヒット。

ただし、少し型に不満。大型を狙いに50~60mへ移動したが、こちらはアタリなし。再度起伏のあるポイントへ移動すると、順調に魚の手応えあり!

和歌山のイカメタル開幕戦でアカイカ65匹 日没まではタイラバを満喫アカハタをゲット(提供:TSURINEWSライター吉鷹宣明)

アカハタにメイチダイ

同行者は釣り初心者、タイラバだけではアタリがとらえられず、イカの切り身をハリにセットしてエサラバ。すると間もなくして本日最大となる30cmのアカハタをゲット。本人は初めての魚に大満足。

続けてタイラバで頑張っていた他の同行者にはメイチダイがヒット。とても強い引きに興奮気味に巻き上げて、ゲット。

和歌山のイカメタル開幕戦でアカイカ65匹 日没まではタイラバを満喫同行者に良型のアカハタ(提供:TSURINEWSライター吉鷹宣明)

根に潜られ大物連続バラシ

私も負けずに大物狙い、アタリを捉えてヒットに持ち込むも、根に潜られてあっさりとラインブレイク。やはり少しタックルが弱いと感じながらも、仕掛けを結び直して再挑戦。再度底付近で魚のアタリ、強い引きにのされて勝負できず。

ここの海域ではクエやオオモンハタなど、大物の根魚が狙えるとのこと。しっかりと根魚狙いのタックルが必要と感じた。

次のページでいよいよ後半のアカイカ釣りをリポート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。