千葉県のルアーフィッシング満喫 60cmシーバスにショゴと対面

千葉県のルアーフィッシング満喫 60cmシーバスにショゴと対面

6月26日(日)、一昨日から吹いていた南西の風がこの日も朝から強かったが、自宅から近い千葉県市原市の村田川へ出かけた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

村田川でルアーシーバス釣り

狙いはシーバスで、釣り方はルアーフィッシング。小規模な河川なので8ft弱のシーバスロッドでルアーは小型のバイブレーションを選んだ。

川岸に降りたのがちょうど9時の干潮だったので、水深のある場所を狙ってキャスト開始。14gのバイブレーションのカラーを変えながらキャストを繰り返し、移動しながら探っていく。

千葉県のルアーフィッシング満喫 60cmシーバスにショゴと対面ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

10時すぎには気温が30度近くに。あまりの暑さに橋の下に逃げ込む。風が強いので日陰は涼しくて居心地がいい。

猛暑のなか60cmシーバスゲット

橋脚を打っていると何かが触ったような感じが何回かあるが、ヒットにはいたらない。少し移動すると同じような感触。ルアーのカラーを赤金からグローチャートに変えてキャスト。

千葉県のルアーフィッシング満喫 60cmシーバスにショゴと対面ポイント図(提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

巻き始めると、すぐにアタリ。アワせると確かな重み、次第に引きが強くなる。橋脚のほうに走られないようにやや強引にロッドでためて、何とか橋脚から離すと魚体が見えた。本命のシーバスだ。エラ洗いをさせないようにロッドを操作してネットイン。岸に上げて測ってみると、60cmジャストに満足。

魚をリリースしたあと、キャスト再開。しかし、このころから風がさらに強くなってきた。釣りづらいなか続けたが、その後もバイトはなく、あまりの暑さに納竿。短時間だったが本命の顔が見られて満足だった。

▼この釣り場について
村田川

次のページは沖ノ島で青物狙い!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。