千葉県のルアーフィッシング満喫 60cmシーバスにショゴと対面

千葉県のルアーフィッシング満喫 60cmシーバスにショゴと対面

6月26日(日)、一昨日から吹いていた南西の風がこの日も朝から強かったが、自宅から近い千葉県市原市の村田川へ出かけた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

沖ノ島で青物狙い

29日(水)は千葉県館山市の沖ノ島へ夜明けの青物を狙って出かけた。4時に到着すると、かなり風が強い。アメダスで調べると7m近い風。それでも、左後方からなので釣りはできそうだ。

支度をして沖ノ島の中央部まで歩き、岩場の先端に釣り座を構える。先最初のルアーはフローティングミノー。沖に向かってやや右へキャストすると、風を背に気持ちよくルアーが飛んでいく。ルアーを替えながら1時間ほどキャストを繰り返したが、バイトは得られない。

そこで今度は30gのジグにしてみる。これが当たって数投目にガツンと明確なアタリ。アタリの強さの割には弱い引きだ。寄せてくると白銀色の魚体が見えた。軽いので抜き上げると、ショゴで、サイズは25cmくらい。

千葉県のルアーフィッシング満喫 60cmシーバスにショゴと対面ショゴをゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

群れでいるかとその後も6時まで続けたが、追釣することなく、暑くなる前に納竿。ショゴが出てくれば、これからのショアジギングは楽しみだ。

<週刊つりニュース関東版APC・大熊規男/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
沖ノ島
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年7月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。