熊本の堤防サビキ釣りで「サッパ」が入れ食い モンスター級ヒットも

熊本の堤防サビキ釣りで「サッパ」が入れ食い モンスター級ヒットも

松合漁港(熊本県宇城市)のサッパが好調だ。7月12日に釣行した際は、わずか1時間ほどのサオ出しで納得の釣果に恵まれた。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

サッパの釣期

同港のサッパは夏から秋口によく釣れる。サビキ仕掛けで浅ダナを狙うのが一般的な釣り方だ。型は10cm前後を中心に15cm交じり。潮次第ではヒラ、コノシロ、セイゴも交じる。

サビキは白がオススメ

使用するサビキのカラーはピンクよりも白がよく、釣果の差は歴然。理由は海の透明度にあると言われている。地元の漁師によると、同港は不知火(しらぬい)海に面し、海底は潟。小さい川の流れ込みと重なり、茶色に濁っているため、魚にとって目立つ色(白)がいいという。そこでサビキは、ウキウキ波止づりアジサビキ・ハゲ皮玉付を選択した。

熊本の堤防サビキ釣りで「サッパ」が入れ食い モンスター級ヒットも当日のタックル(提供:TSURINEWSライター松田正記)

潮待ち

この日の満潮は午前7時ごろ(同県三角港)。満潮前後が狙い目だけに、5時すぎに現地に着いた。既に外波止には先客がいて、内波止に釣り座を構えることに。同ポイントは予備的な場所で少し不安だが、ひとまず仕掛けを垂らしてみた。

いつもなら2~3投目には釣れ出すものの、全く反応がない。それでも満潮まで粘ることに。30分ほどすると水面にサッパの波紋が見え始めた。同時にアタリも出始め、まずは1尾掛かってきた。〝潮待ち〟して正解だ。

サッパ鈴なり

そのまま時合に突入。一度に2尾、3尾と釣れ出し、入れ食いになった。たまに鈴なりに掛かるなど、まさに爆釣だ。さらに小型のヒラも交じる。クーラーのフタを閉めることなく、数を重ねていった。

次のページでモンスター級ヒラが浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。