伊勢湾奥エギタコ釣りで1kg超頭に7匹 良型中心釣果に大満足

伊勢湾奥エギタコ釣りで1kg超頭に7匹 良型中心釣果に大満足

観測史上最も早い梅雨明けだと思ったら、今度は記録的な猛暑となった6月29日、釣友の誠君を誘い、タコ狙いで愛知県・南知多町師崎港の石川丸に乗船。私が250g~1.1kgを7匹、誠君は良型ばかり6匹の釣果となった釣りの模様をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

石川丸でエギタコ釣り

熱中症に備えて普段の釣行時より多くの飲料水を用意して乗船。最近は500g~1kgの良型が多く釣れており、船宿一番人気のターゲットとなっているようだ。

伊勢湾奥エギタコ釣りで1kg超頭に7匹 良型中心釣果に大満足タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

私は第八石川丸の左舷ミヨシ、誠君は右舷ミヨシに釣り座を構えてタックルを準備する。一番悩むのがエギの選択。その日によってヒットするカラーがあるようなので、誠君と相談しながら3種類のカラーを決めた。エギの選択は楽しみのひとつ。私はイエロー系2本と信号機(3色系)、誠君はピンク、グリーン、ホワイトの3種類に決定し、オモリ40号をセットした。

伊勢湾奥エギタコ釣りで1kg超頭に7匹 良型中心釣果に大満足エギ選択も楽しみのひとつ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

オモリは海底をキープ

午前5時20分に出港、出船時間まで港の外で待機する。その間に船長からタコの釣り方や仕掛けのアナウンスがあった。

午前5時30分に一斉にスタート。私たちの船は伊勢湾奥のポイントに全速力で向かう。そして1時間15分で水深8mのポイントに到着。波風もなく絶好の釣り日和だが、早朝からかなり日差しが強かった。

船長の合図でスタート。イトフケを取り、チョンチョンと動かして誘いを入れる。少し止めてもタコが乗らなければ、再度誘いながら少しずつ足元まで寄せてくる。

タコ狙いの基本は、オモリは常に海底をキープして浮かせないこと。重みを感じたらしっかりアワせること。周囲で釣れている人のエギの種類とカラーをチェックするのも重要な要素のひとつとなる。潮と船の流れによってはズル引きだけでも乗ることがあるので、いろいろ試すといい。

今シーズン初ヒット

しばらくすると、私の左から2番目の人に良型のマダコがヒット。続いて左隣の人にも良型がヒットした。良型のポイントを流してくれているようで、私もズッシリと重みを感じたのでしっかりアワせるとヒット。今シーズン初ヒットなので慎重にリールを巻くと、大きく足を広げた良型のマダコが見えた。良い所にしっかり掛かっていたので一気に引き抜く。本命を上げてひと安心。

伊勢湾奥エギタコ釣りで1kg超頭に7匹 良型中心釣果に大満足今シーズン第一号をゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

しかしエギを外そうとすると、足元の床にしっかり張り付いて簡単には外れない。スキを見て外し、逃げられないようにネットに入れて一件落着。ホッとした。

次のページで良型続々ヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。