船ジギング釣行:女性だって96cmブリ!【大阪府・シーライド】

8月16日、天気が不安定な中、大阪・泉佐野からジギング船シーライドに乗船した。狙う本命はブリ!釣果はいかに?

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

セッティングは万全に

私の釣り座は右舷トモ。少人数なので全員右舷側での釣りとなった。

釣果を見ていると、ブリが連日釣れており、大サバ、大アジもジグに食ってくるようだ。

この時期、紀北方面のイワシを食べている魚がすごく脂が乗っていて、メチャクチャおいしい。10kgオーバーのよく肥えたブリも上がるため、タックルやノットもしっかり確認しておく。

まずはサワラから!

午前7時ごろ出船し、水深40mほどのポイントに到着。

まずはサワラ狙いで赤金などの派手なカラーのジグを付けて探る。

胴の間でサワラがヒットした後、私にもヒット。一気にドラグが滑る。これはスレ掛かりした70cmのサワラだった。

次第にベイト反応もよくなったので、ジグをタングステンに変更して私はジグでマダイを狙ってみる。あまり動かし過ぎず、スイミングでヨロヨロとシャクると2投目でヒット。

50cmの雄のマダイだ。

狙っていた魚種が釣れると、とても面白い。

メジロも登場!

その後移動して着いたのはブリ狙いのポイントだ。僚船から小さめだがブリが上がったとの情報が入った。

潮も動き始め、その日唯一のチャンスタイムだ。

底を取ってシャクり上げるのを数回繰り返すと、底から5mほどでヒットした。
がバレてしまった。

気を取り直してシャクっていると、潮の影響とは違う違和感がジグから伝わる。
魚が近くまできているようだ。いろいろとシャクリのパターンをかえて速巻きワンピッチにすると、底から10m付近でヒット。

しっかりフッキングさせて、元気に走る魚の様子を見ながらドラグを調整し、慎重に上げてくる。

上がってきたのは、75cmほどのメジロだがよく肥えている。この時期はコンディションもとてもよく、メジロでもとても引いてハラハラ感がある。

次ページで本命ブリ登場なるか!?