淡水ボート釣行:海釣りタックルでニジマス連発!【栃木県・湯ノ湖】

8月17日(金)栃木県日光市にある湯ノ湖へ、マスのボート釣りに出かけた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ボート釣り

当日のポイント

6時半ごろ到着。天気は晴れ、気温、表面水温とも12度。

レストハウス

事務所で入漁券を購入し、レストハウスでボートを借りることにしたが、あいにくの強風で釣りができるのは、釣り事務所前までのエリアに限定されるとのこと。

万が一のことも考えてレストハウスから遠くないところに係留することにした。

海釣りのタックルを流用

これとフライロッドも持参

タックルは海釣りのものを流用した。

ロッドは5.4mの磯竿を使用し、仕掛けはメジナ用。

エサはブドウ虫を使用。タナは、水深が5mくらいなので、底から50cm上になるようセット

ボートから、やや離れたところに仕掛けを遠投する。

しばらくすると、ウキにアタリがでた。しかし、うまくアワせられず途中でバレてしまう。

エサを付けかえて、再び同じポイントに投入すると、ウキが消えた。竿を立てると、ゴクンゴクンという感触がロッドに伝わってくる。

次ページで待望の1尾キャッチ!