陸っぱり釣行における【ロッドホルスター(竿休め)の3つのメリット】

陸っぱり釣行における【ロッドホルスター(竿休め)の3つのメリット】

ロッドホルスターや竿休めといわれる道具があります。船釣りでは船縁に標準的に搭載されているので見慣れたものですが、陸っぱりでは自ら準備するしかありません。実は筆者も先日購入したばかりなのですが、良いものだと思っています。竿休めの魅力を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

船釣り

マルチタックルのアングラーにぜひ

ロッドホルスターは外付けする場合には多くの製品はバッグにも取り付け可能、ズボンのベルトループにも通せるようになっています。ホルスターを鞄に忍ばせておくと、いつもはワンタックルでも、その日は2タックルになってしまった日にも対応できます。釣りをラクにするひとつのツールとして、持っておいても良いのではないでしょうか?

陸っぱり釣行における【ロッドホルスター(竿休め)の3つのメリット】たったの2000円で釣りがラクに(提供:TSURINEWSライター井上海生)

<井上海生/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。