釣魚「おつまみ」レシピ:小型タチウオの唐揚げ 捌き不要の骨切りでOK

釣魚「おつまみ」レシピ:小型タチウオの唐揚げ 捌き不要の骨切りでOK

いろいろな釣り方が楽しめるタチウオ。ただし、堤防釣りの場合だと、どうしても型が小さい。そこで今回は小型を使った「タチウオの唐揚げ」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

タチウオの旬

タチウオは一年を通して狙えるものの、旬は子を詰める春ごろ。しかし、「卵に栄養を取られ、身に味がない」と言う人もいる。また、「産卵後の夏は身の味が濃い」とも。いずれにしてもタチウオは美味い。

わけありの小型を使う

今回紹介するのは〝わけあり〟の小型のみ。タチウオはウロコがない分、ハリ掛かりした際に胴体に傷が付きやすい。そのためか、堤防で釣れるものは傷が付いたものもが多いような気がする。いわゆる「わけあり」だ。仮にリリースしても死んでしまうため、この場合は大事に持ち帰って食べてあげよう。

持ち帰り方

釣れたタチウオは、そのままクーラーに収める。ナイフなどを使って締める人もいるが、鋭い歯でケガをするので、なるべく触らないようにしてクーラーに入れる。この際、氷をしっかり効かせておくことが鮮度を保つコツだ。

下処理

持ち帰ったタチウオは頭とワタを取り、尾っぽの細長い部分を切り落とす。魚のサイズにもよるが、指3本幅のもので、尾っぽの先端から15cm前後を目安に。あとは腹側の黒い部分をよく洗い、水気を切れば下処理は完了。

釣魚「おつまみ」レシピ:小型タチウオの唐揚げ 捌き不要の骨切りでOK頭と内臓、尾っぽを取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

骨切り

下処理を済ませたタチウオは、まな板にのせて骨切りしていく。要領は2~3mm幅で包丁を入れ、中骨まで当てながら、「ジッジッ」。骨切りは片面だけOK。

釣魚「おつまみ」レシピ:小型タチウオの唐揚げ 捌き不要の骨切りでOK骨切は片面でOK(提供:TSURINEWSライター松田正記)

油で揚げる

骨切りしたものは片栗粉をまぶし、油で揚げていく。温度は170℃くらいでスタートし、気泡が落ち着けば150℃に。その後、気泡が小さくなるまで、じっくり揚げればできあがり。

釣魚「おつまみ」レシピ:小型タチウオの唐揚げ 捌き不要の骨切りでOK気泡が小さくなるまで揚げる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

冷めてもサックサク

揚げたタチウオは、しっかり油を切る。専用のキッチンバットを使うと効率がいい。味付けは塩コショーのみ。温かいうちに軽く振っておくと、まんべんなく味が染みわたる。ちなみに冷めてもサックサク。生ビールのおつまみとして最高だ。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。