さいたま『別所沼』でのテナガエビ釣りで本命50匹 6つのコツも紹介

さいたま『別所沼』でのテナガエビ釣りで本命50匹 6つのコツも紹介

梅雨にシーズンを迎える釣り物の一つとしてテナガエビが挙げられる。6月25日(土)にさいたま市にある「別所沼」に釣行して入れ食いを堪能した。杭周りを探り50匹キャッチ。釣果へのポイントも纏めてみたので、是非参考にして頂きたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

藤倉聡

主に東京湾、駿河湾(沼津近郊)で釣りをしています。釣りインストラクター東京(JOFI)と千葉(COFI)に所属。インド料理作りにも夢中です。

×閉じる

その他 ファミリーフィッシング

別所沼でテナガエビ釣り

最近、子供のころ通った「別所沼」のテナガエビの釣果情報をあまり見聞きしなくなってきた気がしたので、実際に自分で竿を持って確かめようと、およそ35年振りに当地を訪れてみることにした。

別所沼公園の概要

埼玉県さいたま市にある公園で、園内にはメタセコイアやラクウショウが植えられている。緑豊かで都会の中にあるとは思えない静かな公園だ。

さいたま『別所沼』でのテナガエビ釣りで本命50匹 6つのコツも紹介別所沼公園(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

別所沼での釣りのターゲットはヘラブナがメインで梅雨の時期にはテナガエビも狙える。レストランや自動販売機、お手洗い等も完備されているのでファミリーフィッシングにも最適だ。またランニングコースや広場もあり釣り以外にも色々と楽しめる。

電車釣行もおすすめ

駐車場もあるが収容台数が少ないのと早朝は閉まっているのでその場合は近くのコインパーキングに駐車されたい。JR埼京線中浦和駅から徒歩5分位と近いので電車での釣行もお勧めだ。

さいたま『別所沼』でのテナガエビ釣りで本命50匹 6つのコツも紹介駐車場は利用時間が限られている(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

当日の状況とエサ

当日のさいたま市の最高気温は37度と猛暑日となったが、風がやや強かったので暑さはさほど感じない一日となった。

当日のタックル&仕掛け&エサ

テナガエビのタックル&仕掛けは図を参照にされたい。

さいたま『別所沼』でのテナガエビ釣りで本命50匹 6つのコツも紹介タックルと仕掛け(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

エサ

エサは赤虫を2袋用意した。

さいたま『別所沼』でのテナガエビ釣りで本命50匹 6つのコツも紹介エサは赤虫(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

3本竿でテナガエビ釣り開始

6時に現地に到着。子供のころ、父親や友達と釣りをした微かな記憶を頼りに、公園内にある「アナザープレイスカフェ」の前に釣り座を構えることにした。

3本竿で並べ釣り

タックルをセットしているとすぐ隣にコイ狙いの常連の方がやってくる。筆者がテナガエビ狙いだと伝えると「昔は沢山釣れたけど、最近はあまり釣れていない」とのこと。当地の情報量が少ない理由が分かった気がした。

しかし、ここで狼狽えている場合ではないとポイントとなる杭周りに3本の竿を扇状に出して釣りを開始する。

さいたま『別所沼』でのテナガエビ釣りで本命50匹 6つのコツも紹介3本竿で開始(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

すると早速アタリがおとずれ、小型だが本命をゲット。幸先のいいスタートに一安心。

想定外の入れ食いに

常に全ての竿にアタリがあり、見る見るうちにバケツの中は本命とゲスト(スジエビ、ヌマエビ)でたまっていく。遂に1時間でツ抜け(10匹)を達成!

さいたま『別所沼』でのテナガエビ釣りで本命50匹 6つのコツも紹介テナガエビをキャッチ(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

置き竿の竿を上げるたびに向こうアワセで掛かっていることも多くて、30分で10匹とさらにペースアップ。3本竿で順次魚の取り込み、ハリ外し、エサ付け、投入と一連の動きの連続で大忙し。エサ付けや釣れた魚のハリ外しに手こずると、置きザオにヒットしたテナガエビが住処に戻りそれが原因で根掛かりということが多発。

良型も顔出し

ある時「また根掛かりか!?」と思い竿とイトを一直線にして外そうとすると、根から外れた感覚とその後にエビがキックバックする手応えを感じて釣れ上がってきたのは、当地としては良型の部類に入る本命をゲット。

さいたま『別所沼』でのテナガエビ釣りで本命50匹 6つのコツも紹介良型テナガエビ(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

しばらくして、当日最大のテナガエビもゲット!

釣行前日まで目標はツ抜けだったが、目標を大幅に上方修正することにして50匹とした。8時半頃、クチボソが釣れる。次第にゲストが増え、それにかわって本命の食いは悪くなってきた。

9時過ぎると本命アタリ激減

9時過ぎ、日が高くなるにつれて本命の食いは激減。とはいえ、新鮮なエサが付いているとほぼ100%何かしらのアタリがある。しかし、あまりの根掛かりの多さに早アワセが増えてしまいバラシを連発。

そこでじっくりと食い込むのを待っていると、今度は住処に戻られ根掛かりが連発してハリス切れで手返しが悪化するという、負のスパイラルに突入。完全にリズムを崩してしまい数が伸びなくなってきた。

次のページで最終釣果と釣果アップの6つのコツを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。