磯イシガキダイ釣りでキロ級含め本命3尾 ガンガゼエサにヒット

磯イシガキダイ釣りでキロ級含め本命3尾 ガンガゼエサにヒット

甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)の地寄りで、イシガキダイが見え始めた。6月29日に釣行した時の様子をリポートする。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

イシガキダイ釣りのシーズン

里のイシガキダイは夏から秋がシーズン。その年により多少前後するものの、例年梅雨が明けるころから見え始める。ガンガゼをエサにしたブッコミ釣りで狙うのが一般的な釣り方だ。

型は30~40mあり、時折45cm前後が交じる。序盤は30cm以下のリリースサイズが多く、40cmほどのキープサイズは1人1~2尾。本格シーズンに入るとサイズアップし、ほとんどがキープサイズになり、同3~5尾釣れる。

磯イシガキダイ釣りでキロ級含め本命3尾 ガンガゼエサにヒット里周辺図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

磯でイシガキダイ釣り

この日は午前5時前に現着。海上はウネリに加え、南風がやや強く、乗る場所が安全な磯に限られた。私は里港近くの地寄りを希望し、渡礁するとすぐに釣り座を構えた。

同ポイントは昨年の同時期、同じような潮回りで乗り、キロ級のイシガキダイを3尾釣った相性のいい場所だ。早速仕掛けをセット。ハリは刺さりがよくて強固な石鯛ワイヤーを選択し、まずは10mほどの浅ダナから探りを入れた。

磯イシガキダイ釣りでキロ級含め本命3尾 ガンガゼエサにヒット当日のタックル(提供:TSURINEWSライター松田正記)

1投目から魚信

当日の満潮は午前7時ごろ(鹿児島県串木野港)。上げ潮がゆっくり手前に寄せる最高の条件だ。狙い通り1投目からガゼ突きによる魚信が出た。そのまま少し待ってみたが食い込まず、仕掛けを回収するとエサがきれいに取られている。どうやらミニガキ(イシガキダイの幼魚)がいるようだ。

次のページでガンガゼにキロ級の本命ヒット

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。