陸っぱりメバルゲームで本命2匹 70mmプラグで表層狙いキャッチ

陸っぱりメバルゲームで本命2匹 70mmプラグで表層狙いキャッチ

梅雨メバルを調査しに、明石まで小遠征した。最近お気に入りのスポットに入って、まあそんなに苦労しないだろうと思っていたら、この日はなかなか渋かった釣行をレポートする。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

海水温20℃、ぎりぎりか?

私自身の集中不足もあったかもしれないが、この日は2匹で終わってしまった。先週に4回も釣りに行ってしまったので、モチベーションが低かったのだ。正直家を出る前まで、別に行かなくてもなあ、なんて思っていた。

しかし行ったら行ったで収穫はあった。まず、この日は薄曇りでクラゲの海とはいえ、梅雨の中ではほとんど最上の条件に近い。帰途で海水温も確かめてみたが、20℃近かった。こうなると適水温14℃のメバルにスイッチを入れるのは難しい。そろそろ根の奥に入るか、ちょっと沖で沈むかするだろう。ほとんど夏メバルの行動になってくる。

先日の釣行からまだメバルは活性が高いと今年の梅雨メバルを踏んだが、そんなことはなかった。序盤でこれだけの苦戦。シーバスが出たのも偶然かもしれない。バチ抜けが最終盤で、追うのならば食性をプランクトンかベイトフィッシュパターンと読んで、釣り方をアレンジしなければいけないだろう。

陸っぱりメバルゲームで本命2匹 70mmプラグで表層狙いキャッチバチパターンラスト?(提供:TSURINEWSライター井上海生)

<井上海生/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
明石エリア

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。