大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる

まだ6月だというのに早々と明けてしまった今年の梅雨。雨らしい雨が降らないうちに太陽がぎらぎら照りつける夏日が続いている。「じっとしていても暑い夏は川遊びに限る」ということで、6月29日は少し早い夏休みを満喫しに、和歌山県の古座川町を訪れた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部・中西)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

著名アングラーが集合

抜けるような青空が広がり、少し動けば汗が噴き出るような日となった当日、古座川左岸のオーシャンフィールドに集まったのは、この春東京から地元の古座川町に戻ってきたハピソンガールのそらなさゆりさん、テレビの釣り番組などでもおなじみの佐々木洋三さん、そしてその友人でタレントの仲みゆきさんの3人。

某テレビ番組のロケで佐々木さんとそらなさんが意気投合して、今回の大人の夏休み計画が企画された。

古座川河口でテナガエビ釣り

暑さがピークを迎えた14時ごろに集合し、古座の遊漁船・オーシャンフィールド藤田船長の案内で向かったのが、古座川河口から少し上流に遡った右岸のテトラ帯。早速タックルの準備をして、テトラのの穴を探っていく。もちろん、川に立ち込み川遊びスタイルで楽しむ!

ちなみにタックルは、90cmと180cmのノベザオに、市販のテナガエビ用シモリ仕掛けをセットするだけといたってシンプル。エサには赤虫とブドウムシを使った。

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる川に立ち込み川遊びスタイルで狙う(撮影:TSURINEWS編集部・中西)

スジエビから登場

透明度抜群の古座川、水中をのぞいてみると、あちこちにエビの姿が確認できる。赤虫を刺したシモリウキ仕掛けをそっとエビの近くに持って行くと、早速エビが反応し、ウキがスーッと引かれていく。しっかりエビがエサを口元に運ぶまで待ってからサオを起こすと、ビンビンとエビの跳ねる魚とは違う手ごたえがサオを伝って手元に。

あっという間に1匹目を釣り上げたのは佐々木さん。ただし、どうもテナガエビとは違うエビ、スジエビのようだ。

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる佐々木さんにスジエビ(撮影:TSURINEWS編集部・中西)

スジエビ全員安打

仲さん、そらなさんとあっという間に全員がキャッチに成功したものの、見事に全員スジエビ。テトラ周りに見えているエビはほぼこのスジエビのようだ。早速観賞用のアクリルケースに移し、観察。飴色で透き通るように美しい姿にしばし見ほれる。

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマるそらなさんもスジエビキャッチ(撮影:TSURINEWS編集部・中西)

鑑賞&泥抜きにブクブクが便利

今回はアクリルケースにいわゆる「ブクブク」乾電池式エアーポンプミクロMETALLIC COLORをセットして、鑑賞。釣りの間エビが元気なのはもちろん、しっかりエアレーションしておけばそのまま持ち帰って泥抜きまでできる。なにしろ単1乾電池2本で弱モードなら約75時間の長寿命なのだ。

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマるアクリルケースで鑑賞(撮影:TSURINEWS編集部・中西)

今回は小さなアクリルケースで使用したが、多孔質のセラミックストーンによるミクロの泡が酸素を素早く供給してくれるため、オトリアユの管理や泳がせ釣りの小アジ管理などなど、釣りエサの管理にも必需品なので、ぜひ準備したい。

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマるレッドとシルバーもあり(撮影:TSURINEWS編集部・中西)

次のページで待望のテナガエビが登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。