大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる

まだ6月だというのに早々と明けてしまった今年の梅雨。雨らしい雨が降らないうちに太陽がぎらぎら照りつける夏日が続いている。「じっとしていても暑い夏は川遊びに限る」ということで、6月29日は少し早い夏休みを満喫しに、和歌山県の古座川町を訪れた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部・中西)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

翌日は古座沖で船釣り

翌30日は朝からオーシャンフィールドで船釣り。本来ならマダイ、青物を狙う予定だったが、沖合は風が強く断念。浅場で高級魚のアオハタ、アカハタを狙うことに。

オフショアのベテラン・佐々木さんが海の状況からチョイスしたのは、タイラバではなく「インチク」。インチク使いは未経験のそらなさん。佐々木さんから一通りレクチャーを受け、ボトムからのスローピッチ、やや早めの巻きジャクり、ただ巻きという基本のアクションでパターンを探っていく。

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる佐々木さんからインチクのレクチャーを受ける(提供:Hapyson)

思いのほか根がきついポイントで、着底と同時のスローピッチジャークがこの日の当たりパターンだったのか、即座にアヤメカサゴがヒット。

ハタ類を好捕

その後ポイントを変えて流していき、アオハタ、アカハタ、オオモンハタをキャッチ。

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる良型のアオハタをゲット(提供:Hapyson)

多魚種狙えるインチクで、青物は出なかったものの、佐々木さんが40cmオーバーのマダイを仕留めてストップフィッシングとなった。

計測アプリ

最後にいい型のアオハタをHapysonの計測アプリを使ってサイズを計測。

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマるアプリを使ってサイズを計測(提供:Hapyson)

マルチハサミ

そして持ち帰りのアオハタを計測マルチハサミで血抜き処理。

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる計測マルチハサミで血抜き処理(提供:Hapyson)

30日の詳細はHapysonのHPで近日公開予定だ。

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる楽しい夏休みになりました(提供:Hapyson)

エビはかき揚げで堪能

ちなみに、1日目の川遊びでキャッチしたエビは、2日目の釣りから帰宅したころには泥抜きも完了。そらなさんが自宅の菜園で育てている夏野菜と一緒にかき揚げにしたそう。テナガエビはもちろんスジエビも絶品だったとか。

さてさて、今回はちょっと早い大人の夏休みだったが、もうすぐ子供たちの夏休みも始まる。ぜひ川遊び+釣りを楽しんでいただきたい。テナガエビ釣りなら道具も少なく、アフターフィッシングも間違いない。活かして鑑賞すれば夏休みの自由研究にも使えるかも?

大人の川遊びはテナガエビ釣りが最高に面白い 簡単そうで難しいがハマる夏休みの自由研究にも?(撮影:TSURINEWS編集部・中西)

<中西/TSURINEWS編集部>

▼この釣り場について
古座川

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。