沖磯エギングで1.2kgアオリイカ オンラインサロン仲間と楽しく安全釣行

沖磯エギングで1.2kgアオリイカ オンラインサロン仲間と楽しく安全釣行

山口県県長門市にある沖千鳥にて初の沖磯エギングへ行ってきましたので、その様子をお届けします。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターYAHA)

YAHA

拠点は熊本•鹿児島をはじめとして九州各地、エギングをメインにティップランやジギングなど幅広く釣りを楽しんでます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

山口県長門市

山口県長門市は日本海に接する萩市と角島の中間に位置し、青海島へ渡ることができます。今回は、その青海島から渡船を出している民宿 沖千鳥さんにお世話になりました。

沖磯エギングで1.2kgアオリイカ オンラインサロン仲間と楽しく安全釣行民宿 沖千鳥(提供:TSURINEWSライターYAHA)

沖磯での釣り

「沖磯」、なかなか聞きなれない方もいるかもしれませんが、陸から渡ることのできない沖に迫り出している磯場です。専用の渡船がありますので、その渡船にお願いして渡してもらうことが出来ます。

沖磯エギングで1.2kgアオリイカ オンラインサロン仲間と楽しく安全釣行沖磯(提供:TSURINEWSライターYAHA)

沖磯の装備

沖磯は陸っぱりでいう地磯とかわりませんので、基本的には同じ装備です。救命胴衣は膨張式でないジャケットタイプのウェーディングフロート、足元はフェルトスパイク等を推奨します。あとは、天候に合わせたいつも通りの装備で構いませんが、一日中沖磯での釣りで身動きできませんので、飲食物は不足なく準備しておきます。

沖磯エギングで1.2kgアオリイカ オンラインサロン仲間と楽しく安全釣行沖磯の装備(提供:TSURINEWSライターYAHA)

朝マヅメに1.2kgアオリイカ

空が明るくなってきた5時ごろ出船です。民宿前から出船し、あらかじめ選んでおいた沖磯へ渡船してもらいます。大切な朝マヅメの時間、春の藻場攻め作戦です。開始早々、ペアの方が800gくらいのメスを一杯釣り上げました。イカが溜まっていそうな雰囲気ムンムンでしたので、何度もキャストし丁寧にエギを動かしていると、フリーフォールで抱いてきました。サイズは、1230gのアオリイカのメス。

沖磯エギングで1.2kgアオリイカ オンラインサロン仲間と楽しく安全釣行アオリイカ1.2kgをキャッチ(提供:TSURINEWSライターYAHA)

今後に期待

周辺にもっと大きいオスがいると思い、集中して丁寧に誘っていきます。その後はアタリが何回かあったものの、乗せることはできませんでした。

朝マヅメが過ぎ、一杯の見えイカがうろついていますが、全くの反応無しです。結局はそれから最後までイカのアタリはありませんでした。

沖千鳥のシーズンは、例年でいけばまだこれから数が増えていきます。2kgアップも少しずつ出だしていますので、ぜひ挑戦してみてください。

オンラインサロン仲間で釣行

今回も「山田ヒロヒト」プロご本人を交えてヤマラッピタイムズというオンラインサロンの集まりでした。今回の沖千鳥には、北は三重から、南は熊本から。夜には、民宿の一階でお食事しながら、誕生日お祝いでワイワイと。釣りを通じて楽しさを分かち合える仲間は、貴重な価値だと改めて感じました。

沖磯エギングで1.2kgアオリイカ オンラインサロン仲間と楽しく安全釣行メンバーで誕生祝い(提供:TSURINEWSライターYAHA)

最後になりますが、釣りは危険と隣り合わせです。思い出に残る楽しい釣行にするためにも、命を守る装備は必ず行い、マナーを守りながら楽しみましょう。

沖磯エギングで1.2kgアオリイカ オンラインサロン仲間と楽しく安全釣行参加したメンバー(提供:TSURINEWSライターYAHA)

<YAHA/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
沖千鳥

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。