『ヤエン釣り』で2kg超えアオリイカ手中 唯一無二の釣趣を堪能

『ヤエン釣り』で2kg超えアオリイカ手中 唯一無二の釣趣を堪能

5月15日、釣友の森さんとアオリイカ狙いで三重・大曽根浦漁港へ釣行した。釣友ともどもヤエンの1投目に大型アオリがヒット!私は2kg超のレッドモンスターをキャッチすることができたので、その模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・東弘幸(TEAM HEARTS))

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

エギング&ヤエン釣りでアオリ狙い

ゆっくり出発したので三重県・紀北町の引本浦のポイントには先客がおり、そのまま大曽根浦漁港まで南下。エギング&ヤエンの二刀流で陸っぱりで釣果を出してやろうという試みだ。

今の時期は漁港内にひじきを干しているので立ち入る際には十分気をつけること。駐車する場所も関係者に声をかけて邪魔にならないようにしたい。

漁師さんたちの仕事場所へ立ち入らせてもらっている。その気持ちを忘れてしまってはトラブルになって釣り禁止になりかねないからだ。

ヤエン1投目で1.5kg本命

ポイントに到着して準備をしていると、森さんが大声で呼んでいる。何かと思ったら1匹目のアジにアオリイカが抱き着いてきたようで、タモもヤエンも準備していないのだと言う。まずはアジを投入して準備をしようとしたらしい。そこにいきなりのヒットが訪れてアタフタしていた。

私のヤエンをセットし、ロッドを高く上げてラインを張る。アオリイカにヤエンが掛かるとジェット噴射で逃げようとするので、それまでは緊張の時間を過ごすことになる。毎回この時間のドキドキがたまらない。

ガッチリ掛かったようなので、ラインを巻いてソフトなやり取りで寄せてくる。身が切れないように慎重に慎重に寄せてタモ入れに成功。かなりデカイ。測定すると1.5kg。1投目でしてやったりだ。森さんは「もういつでも帰ろうか」という雰囲気だ。

『ヤエン釣り』で2kg超えアオリイカ手中 唯一無二の釣趣を堪能森さん見事に本命キャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・東弘幸(TEAM HEARTS))

アジを泳がせつつエギング

私もようやく1匹目のアジを投入。それからエギングを開始。エギスタ3.5号のアジカラーをチョイスした。水深はそんなに深くないので、カウントしてダートを繰り返す。

エギングをしていると、すぐにヤエンタックルに呼ばれた。ラインがジージーと出ていく。穂先のピクピクがない。これはアオリイカのシグナルだ。なんと私も1投目でヒット!しかもかなりの重量感だ。

次のページで著者の1投目にもビッグサイズがヒット

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。