夏の風物詩の小アユ釣りで96匹 まだまだ不調も拾い釣りで今後に期待

夏の風物詩の小アユ釣りで96匹 まだまだ不調も拾い釣りで今後に期待

なかなか釣果の上がらない今年の琵琶湖の小アユ釣りだが、それでもやっぱり夏を感じたい!ということで5月29日、昼から塩津大川へ釣行することにした。単発ながらポツポツヒットし、全員で小アユ96匹とモツゴ1匹の釣果を得たので、その模様をリポートしたい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

釣果厳しい琵琶湖の小アユ

今年の琵琶湖の小アユは、どうにも様子がおかしい。河川にソ上してこないのだ。原因として考えられるのは、やっぱり水不足だろうか。

ざっと見て回った結果、滋賀県彦根市の犬上川は渇水で瀬切れしており、芹川も大減水で釣果のムラは激しいとのこと。その中でも唯一希望の光が見えたのが、長浜市の塩津大川。

やはりソ上数は少ないものの、瀬ではまずまず釣れており、いい人は一日やって3ケタに届くかどうかといったところらしい。

それでもやっぱり夏を感じたい!ということで5月29日、昼から塩津大川へ釣行することにした。

塩津大川で小アユ釣り

今回は小アユ初挑戦となる大阪府羽曳野市在住、溝川弘巳さんとその奥さん、娘の和愛(かんな)ちゃんが同行してくれることになった。さらにいなべ市の桑原一幸さんも参戦。

現地待ち合わせで先に到着すると、4組ほどの先行者がいる。それでも川を渡った瀬には誰もいないので、そこに道具を下ろし準備を始めた。

夏の風物詩の小アユ釣りで96匹 まだまだ不調も拾い釣りで今後に期待渇水していたので水位は足首ほど(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

小アユ釣りタックル

減水で川幅が狭いので3.6mのヘラザオに、ミチイトは1号、仕掛けは浅場用の5本バリ2.5号だ。

エサは小鮎まきエサと、本来は釣り堀用のエサであるLightの赤青一撃だんご、寄せの一撃を用意した。

夏の風物詩の小アユ釣りで96匹 まだまだ不調も拾い釣りで今後に期待当日の仕掛け(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

ギラリと光って1匹目は10cmほど

早速釣りを開始するが、15分はアタリなし。盛期には1投目から鈴なりになるのだが……。

やっぱり厳しいかなぁと思っていると、瀬頭を通過したウキの下でギラリと光った。サオを立てると、手元に飛び込んできたのは10cmほどの小アユ。今年もようやく出会えた1匹に感慨もひとしおだ。

夏の風物詩の小アユ釣りで96匹 まだまだ不調も拾い釣りで今後に期待まきエサに使った寄せの一撃(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

コツコツ数を重ね1時間で15匹

だがソ上数がまだまだ少ないようでアタリは単発。それでもコツコツと数を重ねていき、1時間ほどでイケスには15匹ほどたまった。

夏の風物詩の小アユ釣りで96匹 まだまだ不調も拾い釣りで今後に期待イケスに少しずつだが小アユが増えていった(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

次のページで参加メンバーも単発ながら本命手中!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。