今週のヘラブナ推薦釣り場2022【茨城県・横利根川】

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【茨城県・横利根川】

仕切り網がなくなってから一年が過ぎた佐原向地を流れる横利根川。北利根川から乗っ込んだ腹パンが、第一カーブ~西代周辺に居着いている。関東地方は梅雨入りし、増水によって田んぼから流れる除草剤の影響から解消されつつある。今回は手軽に狙える陸っぱりで、第一カーブ~西代水門下流に的を絞って紹介する。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュースAPC・高田恵年)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

横利根川の概況とポイント

直近は笹ヤブ下~西代水門下流の新護岸なら、尺前後の数釣りが楽しめる。ポイント差はなく、水温も20度前後で安定している。宙・底の隔てなく釣れるが、釣り方や竿の長さで釣果に差が出る傾向はある。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【茨城県・横利根川】概況図(作図:週刊へらニュースAPC・高田恵年)

笹ヤブ下は竿の長さによって根掛かりがある。道具をすべて出す前に、底釣り希望なら掛かりの有無を調べてから釣り台を設置したい。なおここから西代水門にかけて緩やかに水深が浅くなる。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【茨城県・横利根川】旧水郷館前付近(提供:週刊へらニュースAPC・高田恵年)

三角屋根下は竿15~16尺で、所々に根掛かりあり。18尺竿以上がベターだろう。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【茨城県・横利根川】水平とは限らない護岸(提供:週刊へらニュースAPC・高田恵年)

交通標識~西代水門は竿15~21尺使用が例会では多いが、18尺竿でも十分な長さだ。

西代水門下流の新護岸は、手前に消波ブロックが入っていて短竿は不可。場所によっては、取り込み中にラインがテトラと擦れてしまい切れることもある。これらを避けるなら竿16尺以上が安パイで、舟釣りの人は短竿でテトラの上を狙っている人も見かける。

今週のヘラブナ推薦釣り場2022【茨城県・横利根川】西代水門(提供:週刊へらニュースAPC・高田恵年)

水深は笹ヤブ下で3本強。そこから西代水門にけけて浅くなり西代水門手前で2本半弱。8時ごろから西代水門が開き、水門から上流(第一カーブ方面)は流れが強まるが2時間ほどで止まる。

次のページで横利根川の釣り方とエサを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。