タテ釣り釣行:え!?車の中がサワラ汁だらけに・・・【三重県・鳥羽】

猛暑いや酷暑は続くが、海中は例年通り8月に入ってからベイトが固まりだして、ジギング船やタテ釣り(落とし込み/アンダーベイト)が調子を上げてきた。夏休みの子供達に混じって釣りを楽しんできたが、最後にまさかのオチが・・・

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

エソ、エソ、エソ・・・

30分も走らないうちに水深50mほどのポイントへ到着し、船はベイトの濃い反応を探し始める。手元の探見丸を確認すると20~30mにベイトの感度はあるものの、それほど濃くはない。

合図と同時に、まずはタテ釣りサビキを落とすとすぐベイトが掛かった。胸を躍らせながらそのまま降下させると、いきなりヒットしたはバットみたいな巨エソ。次もエソ。

ちょっと目先を変えてみようとジグをシャクってみると、ジグと同サイズのエソ。小5の陽翔君が「ドンマイ」とおっさんを慰める。

入れ食いスタート!!

上潮が滑り底潮は利いていないようで、40cmほどのイナダ、マトウダイ、サバなどと遊んでいたが、潮がきれいにそろってきたなと感じ始めたと同時に、探見丸の画面が一変。ベイトのウルメ、カタクチが真っ赤に固まり、所々に穴が開く。

ちょっと早めのランチタイムのスタートだ。

ななみちゃんは大ダイをゲット!

ここからは、もう作業に近い。ベイトを掛け、底から5mに止め置く。30秒アタリがなければエサを振り落とし、再度イワシを掛け直す。エサが元気ならすぐにロッドを締め込んでくる。

陽翔君には90cmオーバーのブリ!

強烈な横走りで5kg近いサワラ、ガツガツとイワシを食い散らかす良型マダイ、この日ばかりは主役を持っていかれた感が否めないヒラメやコチ。底まで落とさず、イワシを掛けたタナで待てば突如として近海に回遊を始めたロケットこと本ガツオなど、タモ入れも追い付かない忙しさだ。

子供たちだって負けてはいない。小6のななみちゃんは、お父さんのサポートで70cm近い大マダイをゲット。陽翔君に至っては、PEライン0.8号のスーパーライトタックルをぶち曲げて、難なく90cmオーバーのブリを仕留めた。

もう、おなかいっぱい。帰港時の船中は、みんなが笑顔だ。

次ページでまさかのオチが!!