身近な淡水魚『カワムツ』を手軽な「スプーン」ルアーで釣る方法

身近な淡水魚『カワムツ』を手軽な「スプーン」ルアーで釣る方法

今回の記事では、カワムツ釣りでおすすめの「スプーン」について解説します。まだ、カワムツをスプーンで釣ったことがない方は、ぜひ参考にしてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

カワムツはスプーンで釣れる?

身近な川で楽しめるカワムツ釣り。どこのフィールドにも生息しているので、初心者の方も狙いやすいです。そんな、カワムツ釣りはスプーンで狙うと楽しめます。ゲーム性も含めた釣りが可能です。

ミミズや川虫以外にも、小魚を捕食しています。そして、好奇心が多性なので、動いているものに興味を示します。スプーンが気になって、アタックしてくることも多いです。

スプーンで釣る魅力

カワムツをスプーンで釣る魅力について解説します。今までエサ釣りで狙っていた方は、確認してみてください。

身近な淡水魚『カワムツ』を手軽な「スプーン」ルアーで釣る方法極小サイズのスプーンで狙う(提供:TSURINEWSライターあつ)

手軽にできる

スプーンを使ったカワムツ釣りは、手軽に楽しめます。ハリやオモリ、ウキなどの仕掛けをセッティングする手間がかかりません。スプーンにラインを結びつければ、釣りを開始できます。釣り場に行ってすぐに始められるのが魅力のひとつです。

手がエサで汚れない

スプーンを使えば、手が汚れません。エサ釣りはミミズやサシなどを使うので、どうしても手が汚れてしまいます。スプーンは金属製になっていて、手を汚すことなく釣りが楽しめます。エサが苦手な方にもおすすめです。

アタリが明確で面白い

スプーンでカワムツを狙うと、アタリが明確で面白いです。基本的にはただ巻きで誘うので、アタリがダイレクトに伝わってきます。カワムツ釣りと言えば、ウキ釣りで狙うことがほとんどです。アタリはウキで取るので、竿先まで明確に伝わりません。ルアーフィッシングだからこそ、カワムツのアタリが楽しめます。

スプーンで釣る方法

カワムツをスプーンで釣る方法を紹介します。今後挑戦してみたい方は、参考にし狙ってみましょう。

身近な淡水魚『カワムツ』を手軽な「スプーン」ルアーで釣る方法まずはポイントを見つけよう(提供:TSURINEWSライターあつ)

水深のあるエリアを見つける

カワムツをスプーンで狙う際は、水深のあるエリアを見つけてください。流れが緩やかなディープエリアを好む傾向があります。流れが早い場所はカワムツが少なく、ルアーがすぐに着底してしまうので狙いにくいです。水深のあるエリアを見つけてスプーンを通してみましょう。

キャストして底まで沈める

ポイントが定まったらキャストをしましょう。カワムツは、岩などの障害物を好みます。できるだけ障害物の近くを通せるよう、キャストしてください。スプーンをキャストができたら底まで沈めましょう。カワムツは底から探ってみるのが効果的です。反応がなければ、徐々に上の層を狙うようにしましょう。

ただ巻きで誘う

スプーンの使い方は、ただ巻きが一般的です。アクションしているのを確認しながら狙ってみると良いでしょう。状況に応じてゆっくりなただ巻き、早いただ巻きを試してみてください。パターンに合えば、爆釣も狙えます。

カワムツをスプーンで釣ってみよう

手軽にできるのが魅力のカワムツ釣り。どんな季節でも楽しむことができます。そんな、カワムツ釣りもスプーンで狙えば、もっと手軽に楽しめます。上記の釣り方を参考にして、近くの川で狙ってみましょう。

ゲーム性のあるカワムツ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

<あつ/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。