エギングにおける【サイトフィッシング(見釣り)】のキホン解説

エギングにおける【サイトフィッシング(見釣り)】のキホン解説

エギングはゲーム性があり、ついつい夢中になってしまう釣りです。アオリイカは警戒心が強く、釣るのに一苦労します。そんな、難しいエギングでの釣果を上げる方法があります。それが「サイトフィッシング」です。今回の記事では、エギングでのサイトフィッシング方法を解説します。釣果に伸び悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

サイトフィッシングでアオリイカを釣る

エギングは、サイトフィッシングで釣るのが効率的です。サイトフィッシングとは、目視をして釣る方法で、イカとのやり取りが楽しめます。目でイカとエギの動きを確認して、反応を見ながら釣ることが可能です。サイトフィッシングをすれば、貴重な1杯をゲットできる確率が高くなります。

エギングにおける【サイトフィッシング(見釣り)】のキホン解説サイトでアオリイカをキャッチ(提供:TSURINEWSライターあつ)

エギングのサイトフィッシング術

エギングのサイトフィッシング方法を分かりやすく解説します。釣果を上げるためにも、確認しておくようにしましょう。

イカを見つけてキャスト

サイトフィッシングをするには、まずイカを見つけてください。発見できないと、サイトフィッシングの効率が悪くなってしまいます。見つけることができたら、イカに向かってキャストをしましょう。

沈めてアクション

キャストができたら、着底するまでエギを沈めてください。フォールでエギを発見させるイメージです。エギが着底したら、アクションをしてエギを動かしてみましょう。イカの反応を見ながら、優しいシャクリ、強いシャクリを試してみるといいです。

エギを停止させてイカに抱かせる

エギをシャクった後に、ピタッと停止させるようにしましょう。イカはエギを止めている時か、フォール中に抱くことがほとんどです。エギが動かないよう、サオ先をブレさせないのがポイントになります。手元に神経を集中させて、エギをシャクった後に停止させるようにしてください。

次のページでサイトフィッシングの注意点を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。