東京湾のアジ・カサゴリレー釣りでクーラー満タン 午後出船で堪能

東京湾のアジ・カサゴリレー釣りでクーラー満タン 午後出船で堪能

東京湾金沢八景の一之瀬丸で、夜のアジ~カサゴリレー釣りへ行ってきた。釣果は18~26cmアジ3~19尾に15~25cmカサゴ4~50尾。小型クーラーが満タンとなった釣行をレポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

一之瀬丸でアジ&根魚リレー釣り

5月4日に、東京湾金沢八景(洲崎町)の一之瀬丸から、夫婦で夜のアジ~カサゴリレー釣りへ出かけた。

東京湾のアジ・カサゴリレー釣りでクーラー満タン 午後出船で堪能一之瀬丸乗船場所略図(作図:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

電車遅延のためギリギリの15時30分に到着。電車でも余裕を持って出かけるべきだと肝に銘じた。

受付外のボードから左舷トモ寄りの席札を確保して受け付け。仕掛けを購入し、クーラーに氷を入れて乗船。

まずはアジ狙い

16時出船。まずは真沖でアジを狙う。タックルはパックロッドにPEライン1.5号を巻いた小型両軸リールをセット。ビシ40号に2本バリ仕掛け。

エサは赤短と青イソメが配られたが「アジでも青イソメを使いたければ短く切って使ってもいいが赤短で食いは十分」と船長。

水深約25mでタナは底上3mの指示で開始。潮が速く底が取りにくいが、ミチイトが真下になるように整えてコマセワーク。すると、ククンとアタッて聞きアワせると1尾目。ここから4連チャンしたが以降は沈黙。

東京湾のアジ・カサゴリレー釣りでクーラー満タン 午後出船で堪能食べごろサイズ(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

17時に移動。活性が下がったのか、移動を繰り返し、17時40分に入った場所でようやく食いが活発に。

東京湾のアジ・カサゴリレー釣りでクーラー満タン 午後出船で堪能アジ抜き上げ(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

船長の指示通り、底から1m、2mでコマセを振り、ビシを大きく動かさないようにして底上3~4mに上げていくと、小型イワシ交じりで釣れ続き、妻は良型メバルを追加。

東京湾のアジ・カサゴリレー釣りでクーラー満タン 午後出船で堪能アジ狙いで良型メバル(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

夜釣りでカサゴ狙い

18時すぎ、カサゴ釣りへ転戦。夜釣りに備えて防寒着を羽織り、手元を照らすライトを準備する。

東京湾のアジ・カサゴリレー釣りでクーラー満タン 午後出船で堪能夜釣り風景(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

タックルはそのままで、オモリ15号の胴突き仕掛けに交換。

船長から「青イソメはチョン掛け、8cmくらいがいいですよ。底を取って五秒待ってアタリがなければ、ゆっくり上げてゆっくり戻すのを繰り返して下さい」のアナウンスで右舷が岸壁側になる向きで後半戦開始。

仕掛けを止める時間を変えながら誘うとアタリがあり、私たちが座る沖側では、じっくり待つほうがアタリは多かった。

船が向きを変え、岸壁側になると入れアタリ状態。良型メバル交じりで投入毎に釣れていたがすぐに納竿時間。15cm以下はすべてリリース。

東京湾のアジ・カサゴリレー釣りでクーラー満タン 午後出船で堪能筆者にカサゴダブル(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

次のページで最終釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。